料理
ライフスタイル

いざというときの災害食アイデア!
おいしい災害食レシピ3選

ガス、水道、電気が止まっているときに、
カセットコンロで簡単につくれておいしいメニューを紹介します。

公開日:2018年8月31日

地震や台風、大雨などによって起きる災害。
災害時は、電気やガス、水道などライフラインが止まってしまうこともあります。

そんな時はカセットコンロを使ったり、混ぜたりするだけでいい、簡単につくれる災害食がおすすめ。

また、災害時のストレスの多い時期は、
体や精神的健康を保つために、できるだけ日常の延長にある食事が重要です。

いざというときのために、災害食を事前に作って、かつ、食べてみるのがおすすめ。
手順だけでなく、好みの味かどうかも確認しておきましょう。

カセットコンロで! 災害時におすすめのトマトジュースごはん

【材料】

1合(360ml)
カップ1(200ml)
トマトジュース カップ1(200ml)
あさりの水煮(缶詰) 1缶
コーン缶(ドライパック) 1缶
マッシュルーム缶 1缶
洋風だしのもと(か粒) 小さじ2
塩・こしょう 少々

【つくり方】

  1. 130分ほど水にひたした米に、トマトジュース、あさりの水煮缶(汁ごと)、コーン、マッシュルーム、洋風だしのもと、塩・こしょうを鍋に入れる。
  2. 2カセットコンロにかけ、ふたをして強火で加熱する。
  3. 3泡が出てきたら弱火にして10分間加熱する。
  4. 4中を確認し、炊けていたら火を止めて余熱で10分間蒸らす。

メモ

・米は無洗米だと洗わないでよいが、いざというときは普通の米も洗わずにそのまま使うことができます。
・トマトジュースで炊くと味に変化が出るだけでなく、ぬか臭さも気にならなくなります。

乾物と缶詰でつくる! 切り干し大根と鶏ささみ缶のマヨネーズあえ

【材料】

切り干し大根 30g
鶏ささみ(缶詰) 1缶
すりごま(白) 小さじ1
マヨネーズ 大さじ1

【つくり方】

  1. 1ポリ袋に材料を全て入れる。鶏ささみ缶は汁ごと入れる。
  2. 2ポリ袋の上からよくもんで、味をなじませる。
    ※好みでおろししょうがを加えてもいい

お菓子でつくる! ポテトチップスでコンソメスープ

【材料】

ポテトチップス(コンソメ味) 適量
適量
塩・こしょう (好みで)

【つくり方】

  1. 1ポテトチップスを器に入れ、砕く。
  2. 21に湯を入れる。
  3. 3好みで塩・こしょうを加える。

教えてくれた人

今泉 マユ子

  • 管理栄養士・防災士

プロフィール

日本栄養士会災害支援チーム(JDA-DAT)に所属し、管理栄養士、防災士、災害食専門員、水のマイスターなどの資格を生かし、 防災食アドバイザーとして幅広く活動している