料理

お酢と混ぜて大変身!
酢バターと酢ドレッシング

酢と生クリームでつくる発酵バターのような酢バターと、
ヨーグルトと混ぜるだけの酢ドレッシングのレシピ。

公開日:2018年6月11日

酢と生クリームを容器に入れて1分間振ると、
乳酸発酵した発酵バターのような味わいの手作りバターができます。
酢とヨーグルトでできるドレッシングは塩や油を一切使っていないのに、
コクのあるまろやかな味わい。

お酢と混ぜるだけでできる、酢バターと酢ドレッシングのつくり方です。

酢バター

酢の酸味で、乳酸発酵した発酵バターのような味わいに。

【材料(つくりやすい分量)】

生クリーム (乳脂肪40%以上) 100ml
フルーツビネガー 20ml
※生クリームは乳化剤が入っていないものを。乳化剤が入っていると分離しにくくなります。

【つくり方】

  1. 1生クリームを常温にもどしておく。
    ※常温の方が、より早くバターができる。
  2. 2密閉できる、ペットボトルなどの縦長の容器に生クリームとフルーツビネガーを入れてしっかり口を閉じる。
  3. 32を1分間、上下によく振る。
    ※弧を描くように振ると、うまく固まらない場合がある。
  4. 4容器の中身が固形分と水溶液に分かれたら完成。容器から取り出す。
    ※すぐに使用しない場合は、保存容器にキッチンペーパーを敷いてからバターを入れて保存しておく。余分な水分が減り使いやすくなる。
    ※水溶液(ホエー)は、生クリームから大部分の脂肪を取り除いたものなので栄養価に優れ、飲むこともできる。

メモ

フルーツビネガーは様々な味があるのでお好みで。
米酢や穀物酢、りんご酢でつくる場合は、
 米酢(穀物酢、りんご酢) 小さじ1
 レモン汁 小さじ1 ※レモン汁がない場合は、米酢(穀物酢、りんご酢)でもよい
 生クリーム100ml
 はちみつ 小さじ2
でつくるとよい。

フルーツビネガーのヨーグルトドレッシング

フルーツビネガーのほどよい酸味や甘味で、野菜がもっとおいしくなります。

【材料(つくりやすい分量)】

フルーツビネガー 大さじ1
プレーンヨーグルト(無糖) 大さじ3

【つくり方】

  1. 1ボウルで材料を合わせてよく混ぜる。
  2. 2好みの野菜にかける。
  • フルーツビネガーはマンゴーや柑橘系(レモンやシークワーサー)がおすすめです

教えてくれた人

内堀 光康

プロフィール

新しい酢の開発や素材の良さを引き出す酢の使用法などを様々に提案する酢の研究家。