ファッション・雑貨

シンプルなワンピースのアレンジ術
小物や靴でもっとおしゃれに!

スカーフやアクセサリーなどの小物を使って、
いつも以上におしゃれにワンピースを着こなしてみませんか。

公開日:2018年5月18日

「すてきにハンドメイド」(5月24日午後9時30分~・Eテレ)で、
講師のこうの早苗さんが作り方を紹介するAラインのワンピース。
このAラインのワンピースをベースに、スタイリスト石田純子さんが、もっとおしゃれに着こなすコツを伝授。
ポイントは全身のバランスです。
鏡で全身を見ながら、スカーフやアクセサリー、靴などいろいろ合わせてみましょう。
色や、アクセサリーの分量やボリュームなど、バランスよくコーディネートを考えていきます。

ベースはシンプルなワンピース

単色のシンプルなワンピースをベースにします。そのままでもすっきりして素敵ですが、小物使いでアレンジするだけで、ガーリーになったりエレガントになったり変化が楽しめます。

小さめスカーフでカジュアルに

小さめのスカーフを使って首元を華やかにして、カジュアル感を出しましょう。小物にスカーフと同じ色が入ったものを選ぶと、バランスがとれます。

・スカーフ
今回選んだのは黒色がベースのスカーフ。黒の分量が多いと暗くなりがちですが、黒が入ることで引き締め効果もあります。ワンピースと同じ色が入るとコーディネート感が出ます。
アクセントカラーになるようなオレンジやピンクなどが少し入ると若々しい印象になります。

・靴下、ブレスレット
スカーフと統一感を出すために黒いものをチョイス。ブレスレットは太めのものを選ぶと腕が細く見えます。

ロングスカーフでエレガントに

ロングスカーフで柔らかなラインをつくるとエレガントさが出ます。スカーフの分量が多いので、色をおさえ目にして上品な華やかさを演出しましょう。

・スカーフ
ワンピースと同系色の長めのスカーフを肩でリボンを結ぶようにします。アシンメトリーにして片側のデコルテを少しあけると、女性らしさが出ます。
光沢感と透け感があるものを選べば、軽やかな華やかさがでます。

・ブレスレット
ゴージャスなボリュームのあるブレスレットを合わせましょう。重ねづけしても大丈夫。色のトーンを押さえると品よく仕上がります。

・パンプス
全体のエレガントさにあわせて光沢感があるパンプスをチョイス。シックな色で大人っぽさを強調しています。

つけ襟でガーリーに! 

つけ襟で顔周りに白を持ってくると、清潔感や若々しさが出ます。
つけ襟に目がいきやすいので、足元を決めてからアクセサリーを合わせるとバランスがとれます。

・つけ襟
子供っぽくなりすぎない、ストーンなど飾りのついたものを選びましょう。

・靴
つけ襟とあわせて、白できらきらストーンがたっぷりとついたスリッポンをチョイス。つけ襟と離れているので、派手めになっても大丈夫。思いきり遊んでみましょう。

・イヤリング
つけ襟と統一感を出すために白いイヤリングを。ただし、つけ襟と近い距離にあるので、キラキラしたものはつけ襟のストーンと重なってしまいます。野暮ったくなるので、気をつけましょう。

ブローチで華やかさを

ブローチは、首回りのラインを作り、おしゃれ感がアップするので、複数個つけるのがポイントです。なるべく高めの位置につけると顔周りが華やかになり、若々しくなります。ブローチと同じ色をどこかにもってくると、全体の統一感がでます。

・ブローチ
アクセントになるカラーと、ワンピースと色を合わせたカラーの複数使いをして一体感を出します。アクセントカラーは激しすぎない、深みのある色を選ぶと、大人の品が出ます。

・靴
ブローチのアクセントカラーと同じ色のパンプスで統一感を。ここではブローチと合わせて黄色をチョイス。単体でみると派手に見えますが、ブローチとあわせているのでバランスがとれます。

ボレロを合わせて大人かっこよく 

ボレロを羽織ってワンピースのふわっとした感じをきゅっとひきしめましょう。スカーフを使ってボレロとワンピースの一体感を出すことでおしゃれ感がアップします。
アクセサリーや帽子は、足元を決めてから、あわせて。

・ボレロ
ワンピースより濃い目の色でひきしめます。

・スカーフ
ロングスカーフをざっくりと巻いて、動きを出し、軽やかさを演出します。ボレロとワンピースの色をつなげるような、両方の色が入ったものがおすすめです。

・足元
スカーフと同じ色のシューズで明るさを。靴下は大人のカジュアル感を出すためにシルバーでおさえます。シューズは布素材より皮素材の方が大人感が出ます。

・ブレスレット
バランスを考え、スカーフとシューズと合わせた色、ここでは白を選びました。

・帽子
このコーディネートでは白の分量が多いので、ボレロと色を合わせ、ネイビーの帽子を合わせました。深めにかぶって、大人かっこよく! 

メモ

スカーフと靴、ブレスレットを変えるとイメージチェンジ!

教えてくれた人

石田 純子

  • スタイリスト

プロフィール

婦人誌のファッションページなどのスタイリングをてがけ、女優やアナウンサーも数多く担当。大人のおしゃれ指南に定評がある。

モデル:こうの早苗