園芸・グリーン

日本の夏にぴったりのニチニチソウの育て方

とにかくよく咲くニチニチソウ。
育てやすいだけでなく種類も豊富です。

公開日:2018年5月25日

ニチニチソウはその名のとおり、
毎日次から次へと花を咲かせます。
また、草姿が乱れにくく、
咲き終わった花も自然に落ちて花がら摘みをしなくてすむので、
手間もかかりません。
暑さにも強く、日本の夏にはぴったり!
見ているだけで元気になれます。

ニチニチソウ

ニチニチソウは一年草。こんもりと高く育つタイプと枝が垂れるタイプなどがあります。枝が垂れるタイプはハンギングなどにして楽しんでもよいでしょう。最近は花色もふえ、八重咲き、風車咲き、フリンジ咲きなどバリエーションも豊富になりました。
  1. 1‘フェアリースター’
    極小輪のかわいい花が次々と咲く。
  2. 2‘トロピカーナ・ブライト’
    丸みのある花弁が愛らしい。
  3. 3‘雨ニモマケズ オーキッド’
    大輪でしっかりした花をつける。
  4. 4‘ライムシャワートリコロール’
    明るいライムグリーンの葉が美しい。
  5. 5‘エクエイター ピンクウィズレッドアイ’
    花色が鮮やかで丸く大きな花が魅力。

その他、動きを感じさせる、風車のような形が特徴の‘風車’や、花びらの縁がフリルのようで華やかな‘チュチュ’シリーズ、などがある。
【置き場】
なるべく日当たりと風通しのよい場所を好む。

【水やり】
鉢土の表面が乾いたらたっぷりと。

【肥料】
緩効性化成肥料を施すとよい。

つやつやと元気な葉で花も映えます

花のかわいさ、華やかさに目を奪われがちですが、ニチニチソウは葉も魅力的。張りとつやがあって、ピカピカしています。力強い緑色で花も映えます

教えてくれた人

村上 敏

プロフィール

園芸研究家。千葉県にある園芸会社でバラや草花、草木の栽培、植栽管理を手がけている。特にバラに関して造詣が深く、幅広い経験と知識を持つ。