園芸・グリーン

プランターをにぎやかに!
野菜と一緒に育てる花、ナスタチウム

丈夫で次々と花を咲かせるナスタチウムは、初夏におすすめの植物。
野菜と一緒に育ててみませんか。

公開日:2018年5月25日

丸い葉とギザギザの花の対比が面白いナスタチウム。
夏野菜を育てる時に、ナスタチウムを一緒に植えてみませんか。
ビタミンカラーの元気な花が次々と咲くので、
野菜が育つまでの間、プランターを明るく彩ることができます。
また高温多湿に弱いので、梅雨には枯れたり傷んだりして花はおしまい。
そのころには野菜が育っていますから、その後は野菜栽培を楽しみましょう。

ナスタチウム

黄色、オレンジ色などはっきりした色の花が特徴の一年草。丈夫で次々と花が咲きます。エディブルフラワーとして、食用栽培されているものもあります。葉にくねくねと白い線がついていたらエカキムシ(ハモグリバエ)の仕業。指でつぶすか、多い場合は葉を取り除きましょう。
【置き場】
日当たりのよいところを好む。

【水やり】
鉢土の表面が乾いたらたっぷりと。

【肥料】
緩効性化成肥料を施すとよい。

野菜と一緒に植えるときの注意点

①草の高さが違うものを選ぶ

野菜とナスタチウムの葉が同じ高さになると、互いに十分な日光があたりにくくなります。ナス、トマトなど背の高い野菜と組み合わせましょう。

②ナスタチウムは3株くらいまで

ナス、トマトを育てるプランターなら、ナスタチウムは3株くらいまでが目安です。少し間隔をあけて植えましょう。

教えてくれた人

村上 敏

プロフィール

園芸研究家。千葉県にある園芸会社でバラや草花、草木の栽培、植栽管理を手がけている。特にバラに関して造詣が深く、幅広い経験と知識を持つ。