住まい・インテリア
ライフスタイル

簡単! すのこラックで押し入れ整理

収納王子コジマジックが教える
市販のすのこを使って作る押し入れラック。
誰でも簡単に作れます。

公開日:2018年5月4日

すのこを組み立てて、押し入れで使うふとんラックを作りましょう。
すのこについているゲタ(脚)を利用すれば、組み立ても簡単。
しかも、中段の棚は出し入れもできます。
クギも接着剤もいりません。

すのこ

【材料】

すのこ 10枚
(風呂用大型すのこの場合5枚)
結束バンド 8本
(風呂用大型すのこの場合4本)

【作り方】

  1. 1すのこを1枚立てて、一番下のゲタ(脚)の部分に底面となるすのこを載せる。

メモ

壁などにすのこを立てかけると、1人での作業がしやすくなります。

  1. 2底面のすのこの逆側に、すのこを立て、ゲタに底面のすのこを載せ、結束バンドで2か所固定する。
    壁に立てかけている方は結束バンドで固定しません。

メモ

結束バンドは余った部分が飛び出すと、ものや指に引っかかり危ないので、余った部分は内側に向け、切り取りましょう。

  1. 3天板となるすのこを、左右のすのこの一番上のゲタに載せ、片方(壁側でない方)を結束バンドで2か所固定する。
  1. 4中段にある左右のゲタにすのこを載せて完成。

メモ

片方しか結束バンドで固定していないので、固定していない方を押し入れの壁側に立てかけて使用します。
すき間は、すのこラックが倒れないように、重い物や堅い物で埋めましょう。
真ん中のすのこは固定していないので、引き出しのように引き出せるとともに、載せるゲタの位置を変えれば、高さを調整できます。
支えられるものがない場合は、上・中・下段ともに結束バンドで固定しましょう。

教えてくれた人

収納王子コジマジック

  • 整理収納アドバイザー/社団法人 日本収納協会 代表理事

プロフィール

片づけ・収納・住まいに関する確かな知識と実績を持つプロフェッショナルでありながら、25年の芸歴を積み、主婦層に圧倒的な支持を受ける男性ライフスタイル系タレントのパイオニア的存在に。収納に”笑い”を取り入れたセミナーが話題となり、年間講演依頼数は200本以上、著書・監修本は累計35万部を超える。2014年には、“収育”を理念として掲げた日本収納検定協会を設立。