住まい・インテリア
ライフスタイル

まつぼっくりで作る飾り

まつぼっくりで、ゆらゆら揺れる飾りを作ってみませんか。
クリスマスシーズンには、ツリーのオーナメントにも。

公開日:2017年10月20日

まつぼっくりは、マツの果実(球果)。松かさとも呼ばれます。
開くとタネが落ち、風で運ばれる仕組みです。
そのままカゴに入れて飾ってもすてきですが、
窓辺などにつるして飾るだけで部屋の雰囲気が変わります。

まつぼっくりのガーランド

ガーランドとは、ひもにオブジェをつけた飾りのこと。コーナーにつるすだけで、部屋の雰囲気が変わります。

【用意するもの】

・まつぼっくり
・ひも
・ボタン
・ヒートン(ホームセンターなどで購入できる)

【作り方】

まつぼっくりの中心にヒートンをねじ込み、ヒートンにひもを1回くぐらせて通します。
ボタンは穴に通して一度結ぶと、すべらず位置が安定します。

まつぼっくりのミノムシ君

ポイントは、目のつけ方と帽子のチョイス。目の位置ひとつで表情がぐっと変わります。
本物の葉っぱを帽子にしてもかわいく仕上がります。

【用意するもの】

・まつぼっくり
・好みの造花
・手芸用フェルトボール
・ビーズ(目玉用)
・チーク(頬紅)と綿棒
・瞬間接着剤
・ピンセット
・ひも

【作り方】

  1. 1 ボールに目をつける
    手芸用フェルトボールにピンセットで下穴をあけ、瞬間接着剤を入れてビーズを貼りつけます。
  1. 2 造花の帽子を作る
    造花の花の部分を切り取って糸を通します。または接着剤でつけます。
  1. 3 まつぼっくりに接着する
    21のボールに接着し、さらにまつぼっくりに接着します。
    綿棒でチークを塗って頬をピンクにすればミノムシの完成です。

メモ

まつぼっくりは水に浸して汚れや虫を取る

まつぼっくりは一晩以上水に浸して汚れを落としましょう。虫がついていれば、これで追い出せます。
水を含むとかさが閉じますが、乾燥させれば再び開きます。

  • 木の実や枝などを拾うときは、管理者の許可を得ましょう。

教えてくれた人

鴨下 ふみえ

  • 園芸家

プロフィール

「誰でも簡単に、でもセンスよく!」をコンセプトに、ガーデニングと暮らしまわりの手作りのアイデアを提案。クラフト作家としても活躍中。