料理

オーブントースターでパンづくり

家にあるオーブントースターで、おいしい手作りパンができます。しかも簡単!

公開日:2018年4月20日

夜寝る前に仕込んで、
朝オーブントースターで焼くだけで、
誰でも簡単においしい手作りパンがつくれます。
ポイントは、オーブントースターの上下の火力の特性を理解することと発酵。
これだけわかれば、ふっくら焼きたてパンが楽しめます。

【材料】

強力粉 200g
砂糖 大さじ1/2
小さじ1/2
インスタントドライイースト 小さじ1/4
水(常温) 120g
油(白ごま油、オリーブ油など) 大さじ1

【下準備】

ドライイーストを水(常温)に溶かす。

【つくり方】

  1. 1ポリ袋に強力粉、砂糖、塩を入れ、よく振って混ぜ合わせます。
  1. 21に水(常温)に溶かしたドライイーストと油を入れて、ポリ袋を膨らませた状態で口を閉じ、再び振ります。


















    1. 2~3分間振り続けて、ひとまとまりになったらOK。

  1. 32のポリ袋の空気を抜いて口を閉じ、発酵させます。









約2.5倍に膨らめば、発酵は終了です。
目安は、室温15℃に8時間です。

メモ

2.5倍より大きく膨らませると、焼いたときにバサバサになるので注意。
容器などに目印をつけて、2.5倍を守りましょう。
また、発酵時間は室温によって異なります。15℃なら約8時間。20℃なら約6時間。25℃なら約4時間。冷蔵庫の野菜室だと約12時間が目安です。

  1. 4ポリ袋を開き、膨らんだパン生地を潰さないようにしながら、カットします。
  1. 5カットした生地をアルミホイルの上に、そっと載せます。
  1. 6オーブントースターに、生地を載せたアルミホイルを入れ、その上にアルミホイルをそっと載せます。
  1. 7加熱から約7分後、パンが膨らみ始めますが、まだそのままにし、パンの底に焼き色がついたら、上に載せたアルミホイルを取ります。
パンをふっくら焼く一番のポイントは、下からの熱。一気に熱を加えて、上へパン生地を膨らませる「釜伸び(かまのび)」が重要です。
オーブントースターは、下火も強いですが上火も強いので、ちゃんと釜伸びしないうちに上のアルミホイルを取ってしまうと、中まで火が通らないうちに上だけ焦げてしまうので注意。
  1. 8上のアルミホイルを外して、1~2分間ほど加熱。表面に焼き色がつけば完成。

【簡単アレンジ技】

  1. 2で、クルミやごまを入れると、クルミパンやごまパンができます。

【焼き時間の目安】

1300Wのオーブントースターなら、焼き時間は15分間。860Wなら18分間。


【注意】

※ワット数によって加熱時間は変わるので、生地の底の色、表面の色を目安に調整してください。
※アルミホイルがヒーターに接しないように注意して下さい。

教えてくれた人

梶 晶子

プロフィール

簡単! 手作りパンの達人。全国各地で初心者でも作れるパン教室を開催。パン作り研究家。