料理

和の達人 野崎洋光が教えるツナ缶活用術

缶詰の代表格「ツナ缶」。
和食の達人が風味やうまみ、食感を究極に生かしたツナ料理をご紹介。

公開日:2018年4月13日

オイルに漬け込まれたツナ缶ですが、
風味やうまみを生かすには、そのオイルの使い方がポイントです。
ツナ缶卵焼きは、ツナのうまみが凝縮された、
ふわふわでさっぱりとしたやさしい味。
ツナの炊き込みご飯は、冷めてもおいしく、
お弁当にもぴったりな一品です。

スゴ技の泉
ツナ缶の旨みをいかした和食! 卵焼き

ツナ缶卵焼き

  1. 1卵3個を割り、軽く溶いたら薄口しょうゆを小さじ1杯入れます。
ツナ缶の旨みをいかした和食! 卵焼き
  1. 2ツナ缶のオイルは凝縮された“うまみのもと”なので、捨てないでツナと一緒にだしがわりに1に入れてかきまぜます。
ツナ缶の旨みをいかした和食! 卵焼き
  1. 3さらに水を少量加えて、混ぜ合わせます。

メモ

ツナ缶のは味がしっかりついているので、あえて水を入れて少し薄めることで、ツナの味がさらに引き立ちます。
さらに水を入れることで、卵がふんわりと仕上がります。

ツナ缶の旨みをいかした和食! 卵焼き
  1. 4あとは、普通の卵焼きのように焼くだけ。

ツナ缶の旨みをいかした和食! 炊き込みご飯

ツナ缶炊きごみごはん

ツナ缶炊きごみごはん

主な材料は、お米、ツナ缶、サツマイモ。

メモ

サツマイモはほんのりと甘いので、ツナ缶のオイルと絡むと、まろやかな味になり、互いの味を格段に引き立てておいしくなります。

ツナ缶炊きごみごはん
  1. 1お米に水、薄口しょうゆ、酒、サツマイモを入れ、ツナ缶のオイルだけを入れます。

メモ

ツナ缶のオイルを入れることで、だしがわりになり、ご飯やサツマイモにしっかりと味がつきます。

ツナ缶炊きごみごはん
  1. 2ご飯が炊き上がったら、ツナ缶を入れて5分間ほど蒸らします。
    最後に香りづけに小口切りにしたあさつきを入れて、ご飯全体を切るように混ぜれば完成です。

メモ

ツナ缶はすでに加熱されて調理されているので、もう一度加熱すると、せっかくのうまみや食感がなくなってしまいます。ツナ缶本来の味を生かしましょう。

教えてくれた人

野崎 洋光

プロフィール

素材の魅力を余すことなく引き出す和食の達人。和食料理店総料理長。缶詰を主役にしたレシピも数々考案。