住まい・インテリア

カーペットのコゲ・へこみ跡を補修する

自分で簡単にできる、
家具を置いた跡やタバコなどのコゲの補修法を紹介します。

公開日:2018年3月2日

カーペットのへこみ跡やタバコのコゲ跡を、とれないものと諦めていませんか?
カーペットの「毛」を利用してコゲ跡を埋めたり、へこみ跡を復元することができます。

カーペットのコゲ跡を補修する

繊維の柔らかいカーペットなら、遊び毛(繊維)でコゲ跡を埋めることができます。目立たない部分で試してからチャレンジしてください。
カーペットのコゲ跡を補修する

【用意するもの】

カッター、木工用接着剤など

【補修方法】

① カーペットの表面のこげた部分をカッターの先でこそげ取ります。
  1. 1 カーペットの表面のこげた部分をカッターの先でこそげ取ります。
毛の根元より奥を切ると穴が開いてしまうので、表面だけ取り除きましょう。

メモ

毛の根元より奥を切ると穴が開いてしまうので、表面だけ取り除きましょう。

② カーペットの表面のこげた部分をカッターの先でこそげ取ります。
  1. 2 カッターの刃を長く出し、立てたままカーペットの表面を軽くなぞります。こうすることで遊び毛(繊維)を集めます。

メモ

手を切らないように十分注意。

カッターの刃を寝かせるのはNG。表面を傷つけやすくなります。

メモ

NG
カッターの刃を寝かせるのはNG。表面を傷つけやすくなります。

③ コゲを取り除いた穴に、木工用接着剤を注入します。
  1. 3 コゲを取り除いた穴に、木工用接着剤を注入します。
④ 集めた繊維を埋め込んで完了です。
  1. 4 集めた繊維を埋め込んで完了です。

カーペットのへこみ跡を直す

長年置きっぱなしにしていた家具を動かしたら、カーペットにくっきりと脚の跡が。そんなときは、毛を起こして復元させましょう。毛足の長さや素材によって復元率は異なります。
カーペットのへこみ跡を直す

【用意するもの】

ドライヤー、洋服用ブラシなど

【補修方法】

① へこみ跡に水を吹きかけて湿らせます。
  1. 1 へこみ跡に水を吹きかけて湿らせます。
② ドライヤーで温風を当てながら、洋服ブラシで毛を起こします。ブラシの毛を押し付けて毛の根元から立ち上げます。
  1. 2 ドライヤーで温風を当てながら、洋服ブラシで毛を起こします。ブラシの毛を押し付けて毛の根元から立ち上げます。

メモ

やけどやカーペットの変色を避けるために、ドライヤーの温度設定に注意。

毛が硬く密集していて洋服ブラシの毛が入り込まない場合は、靴洗いブラシを使ってもよいでしょう。ただし、素材を傷めないように力を加減しましょう。
毛が硬く密集していて洋服ブラシの毛が入り込まない場合は、靴洗いブラシを使ってもよいでしょう。ただし、素材を傷めないように力を加減しましょう。

監修

嶋﨑 都志子

プロフィール

DIYアドバイザー、インテリアコーディネーター。住宅メーカー勤務などを経て個人で住まいの補修、DIYリフォームなどを請け負う。各地のワークショップ、カルチャースクールでは講師も務める。