住まい・インテリア

フローリングの剥がれキズを補修する

家具を移動したときなどにできるフローリングの剥がれキズ。
自分でできる補修方法を紹介します。

公開日:2018年3月2日

ささいなキズ跡でも、放っておくと大きくなったり、
歩く人が足を引っ掛けたりするおそれがあります。
木目が残っていれば簡単に直せるので早めに処置しましょう。

用意するもの

クレヨンタイプの補修材

【補修材】

クレヨンタイプの補修材

【その他】

つまようじ、木工用接着剤、ウエス※など

※ウエスとは古布のこと。綿やメリヤス地がおすすめ。ホームセンター等でも売られています。古着でも可。

剥がれキズを補修する

木目が残っていれば表面を貼り直すだけで補修ができます。
木目が残っていれば表面を貼り直すだけで補修ができます。
❶つまようじの先に木工用接着剤を付け、剥がれた部分の内側に塗り込みます。
  1. 1 つまようじの先に木工用接着剤を付け、剥がれた部分の内側に塗り込みます。
❷ウエスなどで平らになるようにギュッと押さえ込みます。ぬれぞうきんで、余分な接着剤を拭き取ります。
  1. 2 ウエスなどで平らになるようにギュッと押さえ込みます。ぬれぞうきんで、余分な接着剤を拭き取ります。
❸乾いたら、下地が見える部分にクレヨンタイプの補修材を塗ります。
  1. 3 乾いたら、下地が見える部分にクレヨンタイプの補修材を塗ります。
※この記事で紹介したのはクッションフロアとフローリング(無垢除く)の床を対象にした方法です。

監修

嶋﨑 都志子

プロフィール

DIYアドバイザー、インテリアコーディネーター。住宅メーカー勤務などを経て個人で住まいの補修、DIYリフォームなどを請け負う。各地のワークショップ、カルチャースクールでは講師も務める。