住まい・インテリア

フローリングのへこみキズを自分で補修!

重いものを落としたときなどにできるフローリングのへこみキズ。
自分でできる補修方法を紹介します。

公開日:2018年3月2日

フローリングのへこみキズは、油脂系ブロックタイプの補修材を溶かし入れ、固めることで補修できます。
ぴったりの色がない場合は、2色を混ぜる調色にチャレンジしましょう。

用意するもの

【補修材】

油脂系ブロックタイプの補修材
油脂系ブロックタイプの補修材
ペンタイプの補修材
ペンタイプの補修材

【その他】

使わなくなったスプーン(柄が熱くならないもの)、ライター類、金属製ヘラ、ウエス※など

※ウエスとは古布のこと。綿やメリヤス地がおすすめ。ホームセンター等でも売られています。古着でも可。

へこみキズを補修する

へこみキズを補修する
  1. 1 へこみキズの縁のささくれをカッターで切り取り、スプーンの柄で縁を押して角をなだらかにします。こうすることで周囲となじみやすくなります。
❶へこみキズの縁のささくれをカッターで切り取り、スプーンの柄で縁を押して角をなだらかにします。こうすることで周囲となじみやすくなります。
❷油脂系ブロックタイプの補修材をカッターで細かく削ります。ちょうどよい色がなければ近似の2色を削ります。多めに用意しておくとよいでしょう。
  1. 2 油脂系ブロックタイプの補修材をカッターで細かく削ります。ちょうどよい色がなければ近似の2色を削ります。多めに用意しておくとよいでしょう。
❸削った補修材をスプーンに載せ、火であぶって溶かします。2色使うときはつまようじで混ぜ、床の色と見くらべながら色を足します。  ※やけどしないように注意しましょう。
  1. 3 削った補修材をスプーンに載せ、火であぶって溶かします。2色使うときはつまようじで混ぜ、床の色と見くらべながら色を足します。

    ※やけどしないように注意しましょう。
❹溶けた補修材をすばやくへこみに注ぎ込みます。山盛りになるまで注ぎ、固まるまで15秒くらい待ちます。
  1. 4 溶けた補修材をすばやくへこみに注ぎ込みます。山盛りになるまで注ぎ、固まるまで15秒くらい待ちます。
❺固まったら、金属製のヘラを裏返して表面を平らに削ります。硬いのでプラスチック製のヘラは使用しないようにしましょう。
  1. 5 固まったら、金属製のヘラを裏返して表面を平らに削ります。硬いのでプラスチック製のヘラは使用しないようにしましょう。

    ※金属製のヘラはそのままでは床を傷つける恐れがあるので必ず裏返し、力を加減して使いましょう。
❻ペンタイプの補修材で木目を描きます。乾いたウエスでなじませれば、完了です。
  1. 6 ペンタイプの補修材で木目を描きます。乾いたウエスでなじませれば、完了です。
※この記事で紹介したのはクッションフロアとフローリング(無垢除く)の床を対象にした方法です。

監修

嶋﨑 都志子

プロフィール

DIYアドバイザー、インテリアコーディネーター。住宅メーカー勤務などを経て個人で住まいの補修、DIYリフォームなどを請け負う。各地のワークショップ、カルチャースクールでは講師も務める。