住まい・インテリア

壁紙を部分的に張り替える方法

壁紙に目立つキズがあって隠しようがない場合は、
壁紙を少しだけ購入して部分張り替えしてみましょう。

公開日:2018年3月2日

小さな穴や、壁紙の剥がれなら少しの手間で修繕できますが、
目立つキズや破れは、部分的な張り替えをしましょう。
同じ模様の壁紙さえ入手できれば、
少しの材料とコツで見た目もわからないくらいきれいに補修できます。


※ここで紹介するのは、ビニール壁紙(ビニールクロス)のみに適用できる方法です。

主な材料・道具

壁紙(切り売りのもの。キズの大きさ+5cm四方くらい)、壁紙用接着剤、ローラー、マスキングテープ、ベビーパウダー
❶キズよりもふたまわり大きくカットした壁紙をキズの上に当て、マスキングテープで四方を貼り付けます。元の壁紙の柄となじむように貼ります。</li>
  1. 1キズよりもふたまわり大きくカットした壁紙をキズの上に当て、マスキングテープで四方を貼り付けます。元の壁紙の柄となじむように貼ります。
❷重ねた2枚の壁紙を、カッターでキズよりもひとまわり大きくカットします。切り口がきれいになるように、カッターの刃は必ず新しいものにしておきましょう。
  1. 2 重ねた2枚の壁紙を、カッターでキズよりもひとまわり大きくカットします。切り口がきれいになるように、カッターの刃は必ず新しいものにしておきましょう。
  1. 3 切り抜いた古い壁紙を剥がし、壁に壁紙用接着剤をまんべんなく塗ります。

メモ

壁紙に接着剤を塗ると、水分で壁紙が伸びてしまうおそれがあるので、必ず壁に塗りましょう。

  1. 4 新しい壁紙をはめ込みます。すきまができないように、端をぴったりとそろえます。
  1. 5 ローラーで境目をしっかりと押さえて圧着させます。中央が浮いていたらなじませます。
  1. 6 余分な接着剤をぬれぞうきんで拭き取り、最後にベビーパウダーをはたき付けます。こうすることで境目にホコリが付くのが防げます。

監修

嶋﨑 都志子

プロフィール

DIYアドバイザー、インテリアコーディネーター。住宅メーカー勤務などを経て個人で住まいの補修、DIYリフォームなどを請け負う、各地のワークショップ、カルチャースクールでは講師も務める。