住まい・インテリア

簡単! ビニール壁紙の剥がれの補修方法

ちょっと剥がれた壁紙。
放っておいて剥がれが進行してしまう前に、
補修しましょう。

公開日:2018年2月16日

剥がれた壁紙をそのまま放置してしまうと、
剥がれた部分にホコリが付着したり、
さらに剥がれが大きくなって見栄えがよくありません。
専用の接着剤とローラーがあれば、簡単に修繕できます。

※ここで紹介するのは、ビニール壁紙(ビニールクロス)のみに適用できる方法です。

壁紙の剥がれの補修方法

■主な材料・道具

左から壁紙用接着剤。ローラー。
左から壁紙用接着剤。ローラー。セットになっている商品もあります。
❶壁紙の剥がれた部分の裏面と、壁のホコリをぬれぞうきんで拭き取ります。
  1. 1 壁紙の剥がれた部分の裏面と、壁のホコリをぬれぞうきんで拭き取ります。
❷壁に接着剤をまんべんなく塗ります。容器付属のハケがなければ、絵筆などを使いましょう。
  1. 2 壁に接着剤をまんべんなく塗ります。容器付属のハケがなければ、絵筆などを使いましょう。

メモ

壁紙に接着剤を塗ると、水分で壁紙が伸びてしまうおそれがあるので、必ず壁に塗りましょう。

❸空気を押し出すように、ローラーで少しずつ押さえて貼り付けます。
  1. 3 空気を押し出すように、ローラーで少しずつ押さえて貼り付けます。
❹端までしっかり貼ります。継ぎ目は再度押さえて、圧着させましょう。
  1. 4 端までしっかり貼ります。継ぎ目は再度押さえて、圧着させましょう。
❺接着剤が残らないように、ぬれぞうきんで継ぎ目をきれいに拭き取り完成です。
  1. 5 接着剤が残らないように、ぬれぞうきんで継ぎ目をきれいに拭き取り完成です。

監修

嶋﨑 都志子

プロフィール

DIYアドバイザー、インテリアコーディネーター。住宅メーカー勤務などを経て個人で住まいの補修、DIYリフォームなどを請け負う、各地のワークショップ、カルチャースクールでは講師も務める。