住まい・インテリア

簡単にできる!
壁の穴の補修方法

画びょうやクギなどの壁紙の穴。
開いたままでは古びた印象に。
自分で手軽に補修できます!

公開日:2018年2月16日

壁紙に開いた比較的小さな穴は、意外と簡単に補修できます。
穴が大きくなったり、その穴から壁紙が剥がれる前に、
気になる部分をササッと補修してしまいましょう。

※ここで紹介するのは、ビニール壁紙(ビニールクロス)のみに適用できる方法です。

①壁紙専用の充てん材で補修

クギやネジ、画びょうなどで壁に開けた穴は、不要になると案外目立つもの。専用のアクリル系充てん材を使う基本の補修方法です。

■主な材料・道具

壁紙用アクリル系充てん材。壁のちいさな穴やすきまを埋めるためのもの。プラスチック製のヘラとセットの商品が多い。
❶穴の周囲の出っ張りをスプーンなどの裏で押さえて、できるだけ平らにします。これだけでも、穴が目立たなくなります。
  1. 1 穴の周囲の出っ張りをスプーンなどの裏で押さえて、できるだけ平らにします。これだけでも、穴が目立たなくなります。
❷充てん材の容器の先端を穴に当て、穴の中に注入します。
  1. 2 充てん材の容器の先端を穴に当て、穴の中に注入します。
❸表面をヘラで平らにします。
  1. 3 表面をヘラで平らにします。
❹余分な充てん材を、ぬれぞうきんで拭き取れば完成。
  1. 4 余分な充てん材を、ぬれぞうきんで拭き取れば完成。

②つまようじを使って補修する

専用の充填材を使わずに、もっと手軽に補修する方法です。家庭にあるつまようじを使いましょう。穴の大きさがつまようじの太さと同じくらいなら、十分穴を埋められます。
❶つまようじの先端に木工用接着剤を付けて、穴に差し込みます。
  1. 1 つまようじの先端に木工用接着剤を付けて、穴に差し込みます。
❷接着剤が乾いたら、つまようじの飛び出た部分をニッパーでカットします。
  1. 2接着剤が乾いたら、つまようじの飛び出た部分をニッパーでカットします。
  1. 3 つまようじの断面を白いマーカーペンや修正液で塗れば完成です。
❸つまようじの断面を白いマーカーペンや修正液で塗れば完成です。

監修

嶋﨑 都志子

プロフィール

DIYアドバイザー、インテリアコーディネーター。住宅メーカー勤務などを経て個人で住まいの補修、DIYリフォームなどを請け負う、各地のワークショップ、カルチャースクールでは講師も務める。