料理

【簡単おせちレシピ】
圧力鍋で時短!黒豆

お正月に欠かせない黒豆。
圧力鍋で手軽に短時間でつくれます。
堀江流!失敗なしのおいしい黒豆です。

公開日:2017年12月22日

新聞紙と保冷バッグを使えば前日から仕込む手間が省けます。
短時間でつくったとは思えないほど、ふっくらおいしく仕上がりますよ。

黒豆

【材料(つくりやすい分量)】

黒豆 300g
砂糖 300g
小さじ1/2
しょうゆ 小さじ2~3
カップ6

【つくり方】

  1. 1黒豆を洗い、圧力鍋に水と塩とともに入れ、圧をかけずに煮立たせる。煮立ったら、落としぶたをし、鍋のふたをして鍋ごと新聞紙で包み、保冷バッグに入れて3~4時間おく。
黒豆を洗い、圧力なべに水と塩とともに入れ、煮立たせ、なべごと新聞紙で包み、保冷バッグに入れて3~4時間おく。
およそ2倍ほどに膨らむ

メモ

前日の晩から豆を水につける必要なし!短時間で豆を戻すことができる。
およそ2倍ほどに膨らむ。

  1. 21に砂糖を加えたら、ペーパータオルをのせ、その上に落としぶた(なければアルミホイルでもよい)をして、ふたをしっかり閉めて火にかける。
  2. 3圧がかかったら弱火にして25分加熱する。
  3. 4 火を止め、圧が抜けるまで自然放置する。
❹を火にかけ、ふたをあけて煮汁がひたひたになるまで煮詰め、しょうゆを加えてひと煮立ちさせ、火を止める。冷めたら汁ごと密閉容器に入れて保存する。
  1. 54を火にかけ、ふたをあけて煮汁がひたひたになるまで煮詰め、しょうゆを加えてひと煮立ちさせ、火を止める。冷めたら汁ごと密閉容器に入れて保存する。

    ※冷蔵庫で2週間ほど保存可能

教えてくれた人

堀江ひろ子

  • 料理研究家

プロフィール

母の泰子さん、娘のさわこさんと、親子三代で料理研究家として活躍。長年の経験に基づく合理的で作りやすいレシピが人気。身近な材料で手早くできる料理を数多く紹介している。

教えてくれた人

ほりえさわこ

  • 料理研究家、栄養士

プロフィール

祖母・堀江泰子さん、母・堀江ひろ子さん譲りの家庭でつくりやすいレシピを若い感覚で紹介。イタリア、韓国での料理修業の経験を持つ。