園芸・グリーン

観葉植物を楽しむ
初心者向きのペペロミア

乾燥に耐える「世話いらず」のペペロミアなら少々水やりを忘れても大丈夫!
初心者向きです。

公開日:2018年2月9日

ペペロミアは、葉が肉厚な多肉質。
水をため込むことができるので乾燥に強い植物です。
水やりを忘れがちで植物を育てる自信がない人にもぴったりです。

ペペロミア

地生種 ペペロミア‘ロッソ’
乾燥に強い植物で、多少水やりを忘れても丈夫に育ちます。むしろ、水やりしすぎると蒸れたり根腐れを起こしたりするので注意しましょう。
草陰などに根を張る地生種と、木や岩にくっつく着生種があり、地生種に比べて着生種は、這うように伸びていきます。葉姿はそれぞれ違うので、好みで選びましょう。
着生種 ペペロミア‘アングラータ’
【置き場】 
‘ロッソ’は、やや暗い反射光のある室内で。‘アングラータ’は、明るい窓辺に。

【水やり】
鉢土が乾いたらたっぷりと。

【肥料】
10〜4月は施さない。生育期(5~11月)は1週間に1回程度、液体肥料(規定倍率の2~5倍に薄める)を水やり代わりに施す。置き肥は5月~7月のみ。
※ただし、開花している場合は生育が止まるので施さない。水やりも少し乾かし気味に。


地生種と着生種の違いは?

葉柄(ようへい)で見分ける

葉柄(ようへい)で見分ける

葉柄は、葉(平らな部分)と枝をつなぐ部分のこと。葉柄のあるものが地生種、ないものが着生種と覚えましょう。
植えるときに鉢の深さに注意

植えるときに鉢の深さに注意

地生種は下に根を張るので、深い鉢に、着生種は横に浅く根を張るので浅い鉢に植えましょう。着生種を深い鉢に植えると、過湿で根腐れする場合があります。素材も素焼きなど、水はけのよいものに。

室内が暗いときには?

ペペロミアの地生種は窓から遠い壁際など、やや明るさが足りないところでも丈夫に育ちます。室内がやや暗めという人は、地生種を選ぶといいでしょう。

教えてくれた人

杉山拓巳

  • 熱帯植物栽培家

プロフィール

アンスリウムやティランジアに造詣が深く、育種なども行う。植物をよりよい状態に育てる栽培方法を研究し続けている。