閉じる
らいふ

毎日のくらしを
ちょっとだけ ハイ クオリティーに

仕事に子育てに疲れちゃって、家事をこなしていくだけで手一杯。でも、朝食は家族と楽しく食べたいし、お風呂場の汚れも、ぽっちゃりお腹もなんとかしたいし…。
そんなあなたの毎日をワンランクアップさせる、くらしの情報サイトNHK 「らいふ」。知って得するくらしのアイデアを1分間にぎゅっとまとめた動画や、専門家が監修した記事を集めました。あなたの毎日を楽しく豊かにしてくれる情報が満載です。

園芸・グリーン

観葉植物を楽しむ
初心者向きのエアプランツ

硬質葉タイプのエアプランツは、
乾燥や寒さに強く丈夫で冬でも美しい姿をキープ。
初心者にもおすすめです!

公開日:2018年2月9日

冬の寒さに強い硬質葉タイプのエアプランツ(ティランジア)はもともと樹木にくっついて育つ着生植物。
そのままでも枯れはしませんが、着生させると根が伸び、養分を吸収しやすくなります。
水をしっかり与え、生育期に肥料を施すと大きくなります。
明るい窓辺に置いてしっかりと日を浴びさせましょう。
本来は戸外で育っているものなので、ときどき窓を開けて風を通すことが重要です。

アエラントス、ベルゲリ

アエラントス ‘ミニアータ’
着生植物。
土がなくても育つことから、通称でエアプランツと呼ばれていますが、学名(属名)はティランジアです。
特に硬質葉タイプは、プラスチックのように硬い葉をもち、乾燥に強いのが特徴です。寒さにも強く、株姿を美しくキープできます。
ベルゲリ
【置き場】 
風通しの良い明るい窓辺

【水やり】
1週間に1~2回。生育期は1週間に2~3回。霧吹きでたっぷりと(2時間ほどで乾く程度に)。

【肥料】
11〜4月は施さない。
生育期(5~10月)は1週間に1回程度、液体肥料(規定倍率の2~5倍に薄める)を水やり代わりに施す。


着生方法

着生は、株の根を傷めないように注意さえすれば、案外簡単です。
いつでも作業できますが、室内温度が5℃以下になるような場所の場合は、4月以降から10月ごろまでに行いましょう。


位置を決める

位置を決める

コルクや流木などを水に浸し、くぼみなど水がたまる位置を確認します。そこにティランジアの根元をあてます。
ワイヤーでくくりつける

ワイヤーでくくりつける

細いワイヤー(アルミ線など)でくくりつけます。根を傷めないよう、根元ではなく、少し上の葉と葉の間を通すようにして。
しっかり固定させる

しっかり固定させる

コルクに巻きつけ、ペンチなどでしっかり締めます。少しきつめに巻いて、ずれないようにするのがポイント。

教えてくれた人

杉山拓巳

  • 熱帯植物栽培家

プロフィール

アンスリウムやティランジアに造詣が深く、育種なども行う。植物をよりよい状態に育てる栽培方法を研究し続けている。