閉じる
らいふ

毎日のくらしを
ちょっとだけ ハイ クオリティーに

仕事に子育てに疲れちゃって、家事をこなしていくだけで手一杯。でも、朝食は家族と楽しく食べたいし、お風呂場の汚れも、ぽっちゃりお腹もなんとかしたいし…。
そんなあなたの毎日をワンランクアップさせる、くらしの情報サイトNHK 「らいふ」。知って得するくらしのアイデアを1分間にぎゅっとまとめた動画や、専門家が監修した記事を集めました。あなたの毎日を楽しく豊かにしてくれる情報が満載です。

園芸・ガーデニング

大切な人に一輪のバラを
アレンジして贈ろう

ハランの特性を生かしてバラを包む、花の美しさが際立つラッピング。
簡単なのにステキな花束です。

公開日:2018年1月26日

赤いバラは愛情の証として昔から多くの人に愛されてきました。
恋人や家族など、大切な人に、
あなた一人のために、という気持ちを込めて一輪のバラを贈りましょう。
自然素材を使ったラッピングでこのまま水を入れた器に入れて楽しんだり、
ハランのしなやかさを生かし、茎をぐるりとたわめることで、持ち手もつくれるので、
椅子に掛けたり壁に吊るして飾ってもすてき。
アレンジして小さな花束をつくることもできます。

【用意するもの】

ハラン ・ティッシュペーパー ・輪ゴム ・リボン(ワイヤー入り) ・ハサミ
・ハラン
・ティッシュペーパー
・輪ゴム
・リボン(ワイヤー入り)
・ハサミ

~使った花~
バラ

【つくり方】

バラは、ハランの下3分の1に余裕が出るくらいの長さに切ってとげを取り、根元にティッシュを巻いて輪ゴムで留め、水に浸して湿らせる。
  1. 1 バラは、ハランの下3分の1に余裕が出るくらいの長さに切ってとげを取り、根元にティッシュを巻いて輪ゴムで留め、水に浸して湿らせる。
ハランの左右を折りたたみ、下3分の1を上に折り曲げる。
  1. 2 ハランの左右を折りたたみ、下3分の1を上に折り曲げる。
ハランの茎をぐるりとたわめ、織り上げた部分に差し込む。
  1. 3 ハランの茎をぐるりとたわめ、織り上げた部分に差し込む。
葉柄(茎)を差し込んだ部分を押さえ、ワイヤー入りのリボンでしっかり留める。
  1. 4 葉柄(茎)を差し込んだ部分を押さえ、ワイヤー入りのリボンでしっかり留める。

ハラン包みを応用して、小さなブーケを!

ハラン包みを応用して、小さなブーケを!
ふだんの小さなプレゼントには、グリーン中心の小さな花束をつくるのもおすすめです。ハーブを入れるとよい香りが!

~使った花~
バジル/ユーカリ/フリーンフレークゼラニウム

教えてくれた人

川崎景太

  • フラワーアーティスト

プロフィール

水がたまるものは何でも花器になるという視点から、既成概念にとらわれない新作を発表し続けています。身近な素材を使って花を魅力的に見せるアレンジメントが人気。