閉じる
らいふ

毎日のくらしを
ちょっとだけ ハイ クオリティーに

仕事に子育てに疲れちゃって、家事をこなしていくだけで手一杯。でも、朝食は家族と楽しく食べたいし、お風呂場の汚れも、ぽっちゃりお腹もなんとかしたいし…。
そんなあなたの毎日をワンランクアップさせる、くらしの情報サイトNHK 「らいふ」。知って得するくらしのアイデアを1分間にぎゅっとまとめた動画や、専門家が監修した記事を集めました。あなたの毎日を楽しく豊かにしてくれる情報が満載です。

園芸・ガーデニング

持ち帰りOKのフラワーアレンジメント

みんなで愛でて楽しんで、最後はプレゼントに。
サイズ変更できるので、置き場所にも困りません。

公開日:2017年12月22日

折りたたんだ画用紙をフラワーベースにするアレンジメントです。
ジグザグに折りたたまれているので、花と花との間に空間が生まれ、
少ない花でもボリューム感を出すことができます。
コンパクトにしてコーナーに置けば壁や窓際を美しく彩り、
広げて食卓の中央に置けばテーブルランナーとして両側から眺めて楽しむこともできます。
パタパタと折りたためば花束に変身!楽しい仕掛けの手作りアレンジメントです。
みんなを驚かせましょう。

厚手の画用紙(700mm×330mm) 1枚・ジッパーつきポリ袋(130mm×150mm) 5枚・ティッシュペーパー・ハサミ・カッター・定規/鉛筆・両面テープ・リボン

【用意するもの】

・厚手の画用紙(700mm×330mm) 1枚
・ジッパーつきポリ袋(130mm×150mm) 5枚
・ティッシュペーパー
・ハサミ
・カッター
・定規/鉛筆
・両面テープ
・リボン

【つくり方】

  1. 1写真の黒い点線の部分に鉛筆で線を引き、カッターの刃の背で筋をつけ、折り目をつくる。ピンク色の部分に両面テープを張ってポリ袋を接着し、中に折りたたんだティッシュを入れる(ティッシュを入れておくと水がこぼれにくくなる)。
写真の黒い線の部分に鉛筆で線を引き、カッターの刃の背で筋をつけ、折り目をつくる。赤い点線部分に両面テープを張ってポリ袋を接着し、中に折りたたんだティッシュを入れる(ティッシュを入れておくと水がこぼれにくくなる)。
折りたたんでテープを密着させ、ポリ袋の中に保水のための水を入れる(袋の下3分の1くらい)。ティッシュ全体が湿る程度でよい。
  1. 2折りたたんでテープを密着させ、ポリ袋の中に保水のための水を入れる(袋の下3分の1くらい)。ティッシュ全体が湿る程度でよい。
折りたたんだときに、花どうしがぶつからないよう、互い違いにするイメージで花やグリーンを入れる。端から少しずつ高くする、真ん中を高くするなど、高低差をつけると立体感が出る。
  1. 3折りたたんだときに、花どうしがぶつからないよう、互い違いにするイメージで花やグリーンを入れる。端から少しずつ高くする、真ん中を高くするなど、高低差をつけると立体感が出る。

折りたたむと花束に!

折りたたむと花束に!
パタパタと折りたたむと、花とグリーンがぎゅっと詰まったすてきな花束になります。パーティーの主役に贈りましょう。

~使った花~
ローズゼラニウム(葉)/アルケミラ・モリス/アストランティア(赤・白)/スプレーバラ

教えてくれた人

川崎景太

  • フラワーアーティスト

プロフィール

水がたまるものは何でも花器になるという視点から、既成概念にとらわれない新作を発表し続けています。身近な素材を使って花を魅力的に見せるアレンジメントが人気。