閉じる
らいふ

毎日のくらしを
ちょっとだけ ハイ クオリティーに

仕事に子育てに疲れちゃって、家事をこなしていくだけで手一杯。でも、朝食は家族と楽しく食べたいし、お風呂場の汚れも、ぽっちゃりお腹もなんとかしたいし…。
そんなあなたの毎日をワンランクアップさせる、くらしの情報サイトNHK 「らいふ」。知って得するくらしのアイデアを1分間にぎゅっとまとめた動画や、専門家が監修した記事を集めました。あなたの毎日を楽しく豊かにしてくれる情報が満載です。

料理

水出しでつくる
本格和だしのおすまし3品

水に浸しておくだけで本格的な和だしが簡単にとれる!
うまみたっぷりの和だしを使ったおすまし3品紹介。

公開日:2018年1月12日

私たちになじみの深い「和だし」。
しっかりひいた「だし」は味わい深くおいしいけれど、手間がかかるイメージもあり、
手軽な市販のだしを使っている方も多いのでは。
そんな方に、水に浸しておくだけで滋味深いうまみが抽出できる簡単な和だしのとり方をご紹介。
また、素材のうまみと栄養がたっぷり溶け出した和だしを使い、
血流アップが期待できる、おすまし3品もご紹介します。
つらい肩こりや腰痛などに悩む人にもおすすめです。

水出し和だしのつくり方

水に一晩浸すだけのお手軽だしですが、煮出すより、すっきりとした味わいに。
その分、定番のかつお節と昆布に個性のある煮干しを加えて味の奥行きを広げます。うまみのハーモニーが絶妙です!

【材料(でき上がり約800ml分)】

昆布 15g
かつお節 15g
煮干し 15g
1L

【つくり方】

  1. 1保存容器にすべての材料を入れて、しっかり浸す。

メモ

煮干しは頭を外してワタを取り、半分にさいておくと、よりすっきりとした味わいに。

  1. 2ふたをして冷蔵庫に一晩おく。

メモ

長く浸すほどうまみがよく出ますが、浸しすぎると苦みが出てくるので注意しましょう。

  1. 3ざるに不織布タイプの紙タオルを敷き、2をこす。

メモ

火にかけて10分間煮出してからこしてもOK。より濃厚な味わいになります。

体にやさしい、お手軽精進だしもおすすめ!

保存について

メモ

だしをこしてから、冷蔵で3日間、冷凍で1か月ほど。
保存容器、ジッパー付き保存袋に入れて保存します。
残っただしがらは、別のおかずに活用しましょう。

鶏しんじょうのすまし汁

具材や味つけをシンプルにして、和だしの上品な味わいを引き立てます。
その分、主役のしんじょうは鶏肉と紅しょうがで味にリズムをつけて。

【材料(2人分)】

鶏ももひき肉 100g
はんぺん 1/2枚(30g)
紅しょうが 大さじ2
糸みつば 1/2株
 
〈A〉
和だし 400ml
小さじ1/4
みりん 大さじ1
 
柚子の皮 適宜

【つくり方】

  1. 1フードプロセッサーに鶏肉とはんぺんを入れて、かくはんする。
  2. 2ペースト状になったら汁けをきった紅しょうがを加え、さらに5秒間ほどかくはんしてボウルに移す。
  3. 3鍋に〈A〉を入れて煮立て、2をスプーンで4等分にまとめて入れる。
  4. 4沸騰したらアクを取り、弱火で7~8分間煮る。火が通ったら、3cm長さに切ったみつばを加え、サッと煮て器に盛る。あれば、柚子の皮を飾り切りにしてのせる。

栄養POINT!

メモ

血液サラサラ成分を含む和だしに、鉄分が豊富なみつばを加えることで、貧血予防&血流アップ。肩こり予防にもつながります。

れんこんとお揚げの梅スープ

梅干しのさわやかな酸味とれんこんの食感がアクセントに!

【材料(2人分)】

れんこん 50g
油揚げ 小1/2枚
梅干し(塩分15%程度のもの) 2コ
春菊 1/4ワ
少々
〈A〉
和だし 400ml
大さじ1
しょうゆ 小さじ1

【つくり方】

  1. 1れんこんは皮をむいて5mm幅の半月切りにし、水にさらす。油揚げは熱湯をかけて油抜きし、7~8mm幅に切る。春菊は根元を落として4cm長さに切る。梅干しは4等分にちぎる。
  2. 2鍋に〈A〉と梅干しを種ごと入れて火にかける。
  3. 3沸騰したら、水けをきったれんこんと油揚げを加えて2分間ほど煮る。
  4. 4塩で味を調え、春菊を加えてサッと煮て器に盛る。
    ※梅干しの塩分で味が変わるので注意。

栄養POINT!

メモ

梅に含まれるクエン酸、油揚げの大豆レシチンやビタミンEで血行を促進。春菊も鉄分やビタミンEが豊富で血流アップに効果的。

ふわふわメレンゲとトマトの
とろみしょうがスープ

トマトのうまみが和だしにマッチ。さっぱりだけどボリューミー!

【材料(2人分)】

和だし 300ml
卵白 1コ分
トマト 1コ
しょうが 1かけ
 
〈A〉
しょうゆ 小さじ2
みりん 小さじ2
小さじ1/4
 
〈B〉
かたくり粉 小さじ2
大さじ1

【つくり方】

  1. 1トマトはヘタをくりぬいて8等分のくし形に切る。しょうがは皮をむいてせん切りにする。
  2. 2ボウルに卵白と塩少々(分量外)を入れ、泡立て器でよくかき混ぜてメレンゲをつくる。
  3. 3鍋にしょうがと和だしを入れて火にかけ、沸騰したら〈A〉を加えてトマトを入れる。
  4. 4再度沸騰したら火を止めて、混ぜた〈B〉を加えてとろみをつける。
  5. 52のメレンゲを再度泡立て、6等分してスプーンなどで加える。ふたをして弱火でメレンゲが固まるまで2分間ほど煮る。

栄養POINT!

メモ

トマトはリコピンのほか、β-カロテン、ビタミンCが豊富で免疫力を高めます。さらに体を温めるしょうがで血行をよくして肩こりを緩和。

和だしを教えてくれた人

鵜飼 真妃

  • だしライフ研究家

プロフィール

だしソムリエ協会代表。天然だしの風味と香りの繊細な違いがワインに似ていると思いつき、だしソムリエを名乗りブログを開始。その後、だしソムリエ協会を設立し、全国のだしソムリエはのべ3,000人を超え、40名以上の認定講師を輩出。監修著書に「Theだし 基本だけで、こんなにおいしい」などがある。

おすましレシピを教えてくれた人

きじまりゅうた

  • 料理研究家

プロフィール

祖母は料理研究家の村上昭子、母も同じく料理研究家の杵島直美という家庭に育ち、自然と料理に親しむようになる。アパレルメーカー勤務の後、料理の道に。同世代のリアルな目線でつくるアイデアメニューが雑誌や料理サイトで人気に。「全部簡単どんぶり」「ちょい仕込みCOOKING」など著書多数。趣味はサーフィンと音楽鑑賞。

栄養について教えてくれた人

友利 新

  • 医師

プロフィール

沖縄県宮古島出身。医師(内科・皮膚科)都内クリニック勤務の傍ら、医師の立場から美容と健康を追求し、美しく生きるための啓もう活動を、雑誌やテレビなどで展開中。2004年、第36回準ミス日本という経歴を持つ。「美肌暦 28日サイクルできれいになる」、「子どもの肌の一生を決める 0歳からのスキンケア」など著書多数。