閉じる
らいふ

毎日のくらしを
ちょっとだけ ハイ クオリティーに

仕事に子育てに疲れちゃって、家事をこなしていくだけで手一杯。でも、朝食は家族と楽しく食べたいし、お風呂場の汚れも、ぽっちゃりお腹もなんとかしたいし…。
そんなあなたの毎日をワンランクアップさせる、くらしの情報サイトNHK 「らいふ」。知って得するくらしのアイデアを1分間にぎゅっとまとめた動画や、専門家が監修した記事を集めました。あなたの毎日を楽しく豊かにしてくれる情報が満載です。

料理

手羽先チキンブイヨンと
絶品スープ3品

うまみ抜群!風味よし!家庭でできる簡単チキンブイヨンのつくり方と
チキンブイヨンを使ったスープ3品を紹介

公開日:2018年1月12日

おいしい料理には、素材のうまみがたっぷり詰まった「だし」の存在は欠かせませんよね。
市販のものでサッとつくるのもいいのですが、
丁寧にとる本格的な「だし」は、栄養満点で風味もよく、味も格別です。
そこで、家庭でも簡単にできる鶏だし“チキンブイヨン”のつくり方をご紹介。
また、チキンブイヨンを使った風邪の予防が期待できる絶品スープ3品もご紹介します。
鶏ガラではなく、扱いやすい手羽先でとったブイヨンは、やさしい味わいで様々な料理に活用できますよ。

手羽先チキンブイヨンのつくり方

血合いを取り除く手間がいらず、手に入りやすい鶏の手羽先を使って、本格的なチキンブイヨンをつくりましょう。鶏ガラよりアクが出にくく、脂分が少ないので、さっぱりとした仕上がりです。

【材料(でき上がり約700ml分)】

鶏手羽先 200g
たまねぎ 1/4コ
にんじん 30g
セロリ 10g
ローリエ 1枚
1.2L

【つくり方】

  1. 1鶏手羽先は水でサッと洗い、ぬめりを取る。または、サッと湯がく。香味野菜は薄切りにする。

メモ

鶏手羽先はフライパンでサッと焼いてから使うと、香ばしいだしになります。油をひかず、表面を軽く焼きつけるだけでOK。

  1. 2鍋にすべての材料を入れて中火にかける。

メモ

食材は必ず水から火にかけましょう。じわじわと温度を上げることで、食材のうまみをしっかりと引き出せます。

  1. 3沸騰したらフツフツと小さな泡が立つくらいの火加減にし、1時間ほど煮る。

メモ

アクはほとんど出ませんが、黄味の強いアクが出てきた場合は雑味になるので取りましょう。

  1. 4ざるに不織布タイプの紙タオルを敷き、3をこす。

保存について

メモ

冷蔵で3日間、冷凍で1か月ほど。
ジッパー付き保存袋などに入れて保存しましょう。すぐに使わない場合は、こさずに素材を漬けたまま保存しておくと、さらに素材のうまみが溶け出して味わい深くなります。残った鶏手羽先は、スープの具材や別のおかずに活用しましょう。

じゃがいもと里芋のポタージュ

定番のじゃがいもに里芋を加えて簡単アレンジ。ミキサーでしっかりかくはんして、ブイヨンのうまみをスープに閉じ込めます。独特のとろみがついた食べるポタージュに!

【材料(3~4人分)】

チキンブイヨン 400ml
じゃがいも 小1コ(100g)
里芋 1コ(80g)
たまねぎ 1/4コ
バター 10g
生クリーム 100ml
小さじ1/2
パセリ(みじん切り)、クルトン 各適量

【つくり方】

  1. 1じゃがいもと里芋は皮をむき、7~8mm幅のいちょう切りにする。里芋は塩適量(分量外)をからめて水で洗い、表面のぬめりを落とす。どちらも水に10分間ほどさらす。たまねぎは繊維に沿って5mm幅の薄切りにする。
  2. 2鍋にバターとたまねぎを入れて火にかけ、しんなりするまで5分間ほど炒める。
  3. 31のいもの水けをきって加え、油がなじむ程度にサッと炒めたらチキンブイヨンを注ぐ。沸騰したらふたをして、弱火で10分間煮る。
  4. 4いもが十分に柔らかくなったら火を止めて粗熱を取り、ミキサーに移して滑らかになるまでかくはんする。
  5. 54を鍋に戻し入れ、生クリームと塩を加えて温める。最後に味をみて、塩(分量外)で味を調える。器に盛ってパセリとクルトンを散らす。

栄養MEMO

メモ

鶏肉の中に含まれるアミノ酸のひとつカルノシンに加え、じゃがいものビタミンCで免疫力アップ。また、里芋のぬめり成分が、たんぱく質の吸収を高めます。

サムゲタン風スープ

だしの手羽先を再利用して、短時間でとろっとしたスープができ上がり!

【材料(2人分)】

チキンブイヨン 500ml
チキンブイヨンで使った鶏手羽先 2本
しょうが 2かけ
にんにく 1かけ
もち米(または米) 大さじ1
小さじ1/4
クコの実 適量

【つくり方】

  1. 1しょうがは皮をむき、3mm幅の細切りにする。にんにくは縦半分に切り、芯を除く。
  2. 2鍋にチキンブイヨンと1、もち米を入れて火にかける。沸騰したらふたをし、弱火で20分間煮る。
  3. 3鶏手羽先を加え、温まったら塩を加える。器に盛ってクコの実をのせる。

栄養POINT!

メモ

しょうが、にんにく、もち米、クコの実と、体を温める食材をたっぷり使って、体の芯からポカポカ。体温を上げてウイルスに負けない体に。

根菜のトマトチキンカレースープ

野菜のうまみをプラスして、食べごたえのある一品に!

【材料(2人分)】

チキンブイヨン 400ml
チキンブイヨンで使った鶏手羽先 2本
大根 小4cm
ミニトマト 6コ
パプリカ(黄) 1/4コ
サラダ油 大さじ1/2
カレー粉 大さじ1/2
小さじ1/4

【つくり方】

  1. 1大根は厚めに皮をむき、1cm幅の半月切りにする。パプリカは5mm幅の細切りにする。ミニトマトはヘタを取り、縦半分に切る。
  2. 2鍋にサラダ油を入れて熱し、大根をサッと炒める。カレー粉を加えて炒め合わせ、全体がなじんだらチキンブイヨンを注ぎ、鶏手羽先を加える。沸騰したら弱火にし、ふたをして7~8分間煮る。
  3. 3パプリカ、ミニトマトを加え、野菜がしんなりしたら塩で味を調える。

栄養POINT!

メモ

ターメリックなどのスパイスが入ったカレー粉は、肝機能や消化器官に作用し、免疫力を高めます。また新陳代謝をよくして体を温める効果も。

チキンブイヨンを教えてくれた人

鵜飼 真妃

  • だしライフ研究家

プロフィール

だしソムリエ協会代表。天然だしの風味と香りの繊細な違いがワインに似ていると思いつき、だしソムリエを名乗りブログを開始。その後、だしソムリエ協会を設立し、全国のだしソムリエはのべ3,000人を超え、40名以上の認定講師を輩出。監修著書に「Theだし 基本だけで、こんなにおいしい」などがある。

スープレシピを教えてくれた人

きじまりゅうた

  • 料理研究家

プロフィール

祖母は料理研究家の村上昭子、母も同じく料理研究家の杵島直美という家庭に育ち、自然と料理に親しむようになる。アパレルメーカー勤務の後、料理の道に。同世代のリアルな目線でつくるアイデアメニューが雑誌や料理サイトで人気に。「全部簡単どんぶり」「ちょい仕込みCOOKING」など著書多数。趣味はサーフィンと音楽鑑賞。

栄養について教えてくれた人

友利 新

  • 医師

プロフィール

沖縄県宮古島出身。医師(内科・皮膚科)都内クリニック勤務の傍ら、医師の立場から美容と健康を追求し、美しく生きるための啓もう活動を、雑誌やテレビなどで展開中。2004年、第36回準ミス日本という経歴を持つ。「美肌暦 28日サイクルできれいになる」、「子どもの肌の一生を決める 0歳からのスキンケア」など著書多数。