ファッション・雑貨

冬の細見せ着こなし術

冬のファッションで細く見せる着こなしテクニックを紹介します。

公開日:2017年12月1日

細見せのポイントはIラインを作ること。
縦に細長く見せる効果があります。
冬の必須アイテム、タートルネックやアウターでIラインを作る着こなしを紹介します。

タートルネックの細見せテクニック

冬に大活躍のタートルネック、こう着こなせば細見せ効果抜群です。

ポイント① ロングネックレスをする

コントラストがつく色のロングネックレスを付けます。そうすると、Iラインができ、縦に細く長く見える効果があります。汗にも強く、軽いコットンパールがおすすめ。

ポイント② フェイスラインで折り返す

タートルネックはフェイスラインぎりぎりで折り返します。首の真ん中あたりで折り返してしまうと、肌が見えている部分全てが顔と認識されてしまい、顔が大きく見え、Iラインが短くなってしまいます。

アウターの細見せテクニック

ポイント① ボタンをあける

ポイント① ボタンをあける

カーディガンなどのアウターはボタンを留めずにあけて、Iラインを作りましょう。そうすることで目線が縦に動きます。
ポイント② アウターを淡い色、インナーを暗い色に

ポイント② アウターを淡い色、インナーを暗い色に

アウターを淡い色にして、中に着るトップスとボトムスを同じ暗い色にすると色のコントラストが明確になり、Iラインが強調されます。内側が暗い色だと、より締まって見えます。

教えてくれた人

川田 亜貴子

  • スタイリスト

プロフィール

細見せコーディネートの達人。おしゃれだけでなく、大人の女性の体系を考えたコーディネートが30代、40代の女性に人気。