料理
美容・ケア

ヨーグルトで戻す!
ドライフルーツレシピ

栄養の吸収率がアップ!
ヨーグルトの効果でドライフルーツがふっくらした食感に。
スイーツ、おかず4品紹介

公開日:2017年11月24日

「ドライフルーツ」は、ヨーグルトで戻すと、ふっくらとして、味が濃厚になりグンとおいしくなります。
また、栄養面でもドライフルーツの栄養はヨーグルトと組み合わせることで、吸収率が高まります。
そのままいただくのはもちろん、グラノーラと組み合わせたり、
オーブンで焼いてリキュールと合わせる、焼き菓子の生地に入れ込むなど、幅広く楽しめますよ。

ドライフルーツの栄養は?

ドライフルーツ

【抗酸化物質】色素成分(アントシアニン、β-カロテンほか)

活性酸素の働きを抑え、老化の進行抑制、動脈硬化の予防などの効果が期待できる。

【カリウム】

体内の過剰なナトリウム(塩分)の排せつを促し、高血圧を予防・改善するなどの効果が期待できる。

【食物繊維】

腸内環境の改善に役立ち、便秘の予防・改善、免疫力アップなどが期待できる。
生活習慣病(がん、糖尿病、脂質異常症など)を予防する効果が期待できる。 

ドライフルーツをヨーグルトで戻すと…

【ドライマンゴーの場合】

ドライマンゴーに含まれるβ-カロテンとビタミンEは、そのまま食べるよりも油脂と一緒に食べるほうが吸収率が高まります。そのため、脂肪を含むヨーグルトと組み合わせると吸収率がアップします。

【ドライベリーの場合】

ベリー類は食物繊維が豊富。ヨーグルトには含まれない成分なので、乳酸菌とともに、腸の働きを活性化させます。

ドライフルーツのヨーグルト戻しの方法

【ドライマンゴーの場合】

ドライマンゴー30g:ヨーグルト90g

【ドライベリーの場合】

ドライミックスベリー60g:ヨーグルト90g
ドライマンゴーをヨーグルトで戻すと、ふっくらと生かと思うほどに戻ります。 3倍程度のヨーグルトで戻しましょう。
ベリー類は最低1.5倍程度のヨーグルトで戻してください。
乾物をヨーグルトで戻すときの基本

ヨーグルト戻しをしたドライフルーツレシピ

ドライフルーツのヨーグルトグラノーラ

ヨーグルトで戻したドライフルーツとグラノーラのシンプルなパフェ風スイーツ。
ヨーグルトを少し多めに足しても。
ドライフルーツのヨーグルトグラノーラ

調理時間5分 1人分200kcal

※乾物を戻す時間は含まず

【材料(2人分)】

ドライミックスベリー 30g
プレーンヨーグルト(無糖) 45g
 
グラノーラ 適量

【つくり方】

  1. 1 ふた付きの容器にドライミックスベリーを入れ、ヨーグルトを加えてよく混ぜ合わせ、冷蔵庫で8時間ほどかけて戻す。
  2. 2 グラスなどに、グラノーラ、1を層にして盛り付け、好みではちみつやメープルシロップをかける。


ドライフルーツのココット

ドライフルーツにラム酒を加えて焼いた、大人の濃厚デザートです。お好みではちみつをかけてください。アイスクリームに合わせても。
ドライフルーツのココット

調理時間25分 1人分180kcal

※乾物を戻す時間は含まず

【材料(2人分)】

ドライミックスベリー 80g
プレーンヨーグルト(無糖) 120g
 
ラム酒 小さじ1
くるみ 10g

【つくり方】

  1. 1 ふた付きの容器にドライミックスベリーを入れ、ヨーグルトを加えてよく混ぜ合わせ、冷蔵庫で8時間ほどかけて戻す。
  2. 2 1にラム酒をふり、刻んだくるみを混ぜたら耐熱容器に入れ、180℃に温めたオーブンで15~20分間焼く。
  3. 3 好みではちみつを添える。


ミックスベリー入りスコーン

ヨーグルトで戻してふっくら柔らかくなったドライフルーツをたっぷり加えたスコーンです。ヨーグルトの効果で、生地もしっとり柔らかに仕上がります。
ミックスベリー入りスコーン

調理時間30分 1人分340kcal

※乾物を戻す時間は含まず

【材料(2人分)】

ドライミックスベリー 20g
プレーンヨーグルト(無糖) 30g
 
小麦粉 100g
ベーキングパウダー 小さじ1強
砂糖 大さじ1/2
バター(食塩不使用) 25g
牛乳 20ml

【つくり方】

  1. 1 ふた付きの容器にドライミックスベリーを入れ、ヨーグルトを加えてよく混ぜ合わせ、冷蔵庫で8時間ほどかけて戻す。
  2. 2 ボウルに小麦粉、ベーキングパウダー、砂糖を入れてよく混ぜ、細かく切ったバターを加えて、手でもみ込むようにしながらサラサラになるまで混ぜる。
  3. 3 1と牛乳を合わせて2に加え、よく混ぜて生地をまとめたら、2.5cm程度の厚さにのばして型で抜く。
  4. 4 180℃のオーブンで、20分ほど焼く。


ドライマンゴーの肉巻きソテー

マンゴーの濃厚な甘みとジューシーな肉のうまみをしょうゆ味でからめた、甘辛味のおかずです。冷めてもおいしいので、お弁当にも重宝しますよ。
ドライマンゴーの肉巻きソテー

調理時間15分 1人分170kcal

※乾物を戻す時間は含まず

【材料(2人分)】

ドライマンゴー 10g
プレーンヨーグルト(無糖) 30g
 
豚肩ロース肉(薄切り) 4枚
塩・こしょう 各少々
小麦粉 適量
サラダ油 大さじ1/2
しょうゆ 大さじ1/2
カイエンヌペッパー 少々

【つくり方】

  1. 1 ふた付きの容器にドライマンゴーを入れ、ヨーグルトを加えてよく混ぜ合わせ、冷蔵庫で8時間ほどかけて戻し、一口大に切る。
  2. 2 豚肉を広げて塩、こしょうをふり、 1を入れて巻き、小麦粉を薄くはたく。

    メモ

    マンゴーのまわりに残っているヨーグルトを接着剤がわりにして肉を巻きつけて。

  3. 3 フライパンにサラダ油をひいて中火で熱し、2を入れて転がしながら焼き目をつけ、火を通す。しょうゆを鍋肌から回し入れてからめる。器に盛ってカイエンヌペッパーをふる。

教えてくれた人

サカイ優佳子

プロフィール

一般社団法人DRYandPEACE代表理事。乾物は食品ロス削減や省エネに寄与し、もしもの時の備えにもなる未来食と捉え新しい乾物の知恵を広め続けている。著書に、「毎日食べたい乾物ヨーグルトレシピ決定版」「乾物EveryDay」ほかがある。

栄養監修

佐藤 秀美

  • 学術博士・栄養士

プロフィール

専門は食物学。企業にて調理機器の研究開発に携わったのち、お茶の水女子大学大学院修士・博士課程修了。現在は、日本獣医生命科学大学客員教授。著書に『栄養「こつ」の科学』ほかがある。