閉じる
らいふ

毎日のくらしを
ちょっとだけ ハイ クオリティーに

仕事に子育てに疲れちゃって、家事をこなしていくだけで手一杯。でも、朝食は家族と楽しく食べたいし、お風呂場の汚れも、ぽっちゃりお腹もなんとかしたいし…。
そんなあなたの毎日をワンランクアップさせる、くらしの情報サイトNHK 「らいふ」。知って得するくらしのアイデアを1分間にぎゅっとまとめた動画や、専門家が監修した記事を集めました。あなたの毎日を楽しく豊かにしてくれる情報が満載です。

料理

まいたけの下ごしらえと保存法

歯ごたえ抜群のまいたけは、
食物繊維も豊富なのでとってもヘルシーです。

公開日:2017年11月10日

しゃきっとした歯ごたえのまいたけをもっと料理に活躍させましょう。
使いこなしひとつでおいしさもアップ!

まいたけ

【特徴・種類】

まいたけは、漢字で書くと「舞茸」。野生種は山奥に生えるため貴重で、見つけた人が舞い上がって喜ぶので名付けられたという説や、人が舞っているように見えることから名づけられたという説があります。
黒まいたけ

黒まいたけ

歯ごたえがよく、独特の風味とコクがある。うまみが強いので、炒め物などに。
白まいたけ

白まいたけ

黒まいたけよりも、香りが弱くやわらかな食感。加熱しても煮汁が黒くならないので、汁物や炊き込みご飯などに向いています。

【選び方】

かさの部分は肉厚で、軸が白く、弾力のあるものを選びましょう。パキっと折れそうなハリがあるものが新鮮です。

【ほぐし方】

①堅い部分(石づき)がある場合は、包丁で切り落とす。

石づきを切り落としてほぐして

  1. 1堅い部分(石づき)がある場合は、包丁で切り落とす。
②根元に近い部分から食べやすい大きさにほぐす。
  1. 2根元に近い部分から食べやすい大きさにほぐす。

【保存法】

石づき切り落として保存を

まいたけは傷みが早いのでなるべく早く調理に使いましょう。生の場合は、石づきを切り落としてジッパー付きのポリ袋に入れ、空気を抜いて冷蔵庫の野菜室で保存を。すぐに使わないときは、同様にして冷凍庫へ。約3週間を目安においしく食べられます。
保存法

教えてくれた人

高城 順子

  • 料理研究家

プロフィール

和・洋・中の料理に精通し、本格的な味をシンプルな調理法で、誰にでも再現できるレシピを提案している。栄養学に基づいた家庭のご飯に合うおかずと親しみやすい語り口が人気。NHK「きょうの料理」「あさイチ」などテレビや雑誌、講演など幅広く活躍。