閉じる
らいふ

毎日のくらしを
ちょっとだけ ハイ クオリティーに

仕事に子育てに疲れちゃって、家事をこなしていくだけで手一杯。でも、朝食は家族と楽しく食べたいし、お風呂場の汚れも、ぽっちゃりお腹もなんとかしたいし…。
そんなあなたの毎日をワンランクアップさせる、くらしの情報サイトNHK 「らいふ」。知って得するくらしのアイデアを1分間にぎゅっとまとめた動画や、専門家が監修した記事を集めました。あなたの毎日を楽しく豊かにしてくれる情報が満載です。

料理

しめじの下ごしらえと保存法

“しめじ”は安価でどんな料理にも使いやすい万能きのこ。
もっと料理に活用しよう!

公開日:2017年11月10日

独特のうまみ、食感、香りのあるしめじ。
下ごしらえや保存法などの使いこなしを紹介します。

しめじ

【種類】

一般に“しめじ”で流通しているのは、主に「ぶなしめじ」と「ひらたけ」の2種類です。
ぶなしめじは茶色いかさが特徴。本しめじの名で売られていることも多いきのこです。歯ごたえがよく、美味。軸がしっかりとした白いものを選んで。
ひらたけは灰色のかさをしています。淡泊な味わいでおだやかな香りが特徴。どんな料理とも相性がよいです。
ぶなしめじ ひらたけ

【選び方】

カサが開きすぎず、弾力がありかさと軸がしっかりしているもの、しまりのあるものを選びましょう。軸がしっかりとした白いものが新鮮です。

【ほぐし方】

石づきを落として、ほぐして

  1. 1しめじは、軸の下の部分(石づき)を約2cm切り落とす。
  1. 2料理に合わせて、手でほぐす。

【保存】

冷凍庫で保存もOK

しめじは傷みが早いのでなるべく早く調理に使うのがポイント。生の場合は軸の下の硬い部分(石づき)を切り落とし、ジッパー付きのポリ袋に入れ、空気を抜いて冷蔵庫の野菜室で保存を。すぐに使わないときは、同様にして冷凍庫へ。約3週間を目安においしく食べられます。

教えてくれた人

高城 順子

  • 料理研究家

プロフィール

和・洋・中の料理に精通し、本格的な味をシンプルな調理法で、誰にでも再現できるレシピを提案している。栄養学に基づいた家庭のご飯に合うおかずと親しみやすい語り口が人気。NHK「きょうの料理」「あさイチ」などテレビや雑誌、講演など幅広く活躍。