ファッション・雑貨

骨格で見る、
似合うアイテムリスト

本当に似合うトップスやボトムスの形が分かれば、
おしゃれがもっと楽しくなります。

公開日:2017年11月16日

筋肉や脂肪のつき方、骨・関節の大きさなどで、骨格のタイプは大きく3つに分けられます。
それぞれ似合うアイテムが異なります。
3つのタイプ別にどんな形が似合うのか、似合わないのかを紹介します。

あなたはどの骨格タイプ?

筋肉や脂肪のつき方、骨や関節の大きさで、3つの骨格タイプに分類することができます。太っている、痩せている、年齢、身長などは関係ありません。どんな人でも自分に似合うデザインと素材があるんです。
骨格診断はこちら

Straightタイプ

全体的に立体的な上重心のメリハリボディ。
首は短め、胸からウエストにかけての距離が短く、腰の位置は高め。肌質はハリがあり、弾力を感じさせる。

こんな人はストレートタイプかも?

・シンプルなジャケットやシャツがかっこよく決まる
・チュニックは着太りして見える

Waveタイプ

体はうすく、華奢。やわらかな曲線を描くボディが特徴。
どちらかというとした下重心。首は長めで、鎖骨が細く、よく目立つ。肌はやわらかくふんわりとした質感。

こんな人はウェーブタイプかも?

・ツイード素材のノーカラージャケットが決まる
・シンプルな服だけだと寂しげに見える

Naturalタイプ

骨、関節がしっかりしたスタイリッシュボディ。
骨が太く大きく、関節も目立つ。全体的に四角形のようなフレーム感がある。手の甲を見ると骨や筋っぽさが感じられる。

こんな人はナチュラルタイプかも?

・ジーンズやカーゴパンツがかっこよく決まる
・体にぴったり合ったサイズの服を着ると、骨っぽさが目立つ

骨格別 アイテムリスト

◎:似合う ○:素材や形などの条件によりOK △:おすすめではないが、取り入れてOK ×:NG

ネックライン

ネックライン

袖丈

袖丈

スカート形

スカート形

パンツ形

パンツ形

教えてくれた人

上内 奈緒

  • 骨格診断ファッションアナリスト

プロフィール

(社)骨格診断ファッションアナリスト認定協会 理事。株式会社アイシービー取締役社長室長。
骨格ファッションアナリストの育成講座を担当する他、全国でイベント、講演、セミナーなどを開催。