ファッション・雑貨

骨格でわかる
本当に似合う服の選び方

持って生まれた体の“質感”や“ラインの特徴”から、
きれいにみせる服のデザインと素材感がわかります。

公開日:2017年11月16日

すてきだなぁと思った服を着てみると、なんだかしっくりこない。
そんな経験はありませんか?
骨格診断で自分の体に似合う“デザイン”と“素材感”を選べば、
あか抜けた美人スタイルが手に入ります!

骨格タイプ

筋肉や脂肪のつき方、骨や関節の大きさで、3つの骨格タイプに分類することができます。太っている、痩せている、年齢、身長などは関係ありません。どんな人でも自分に似合うデザインと素材感があるんです。「似合う」がわかれば、服を上手に選べるようになり、美人スタイルをつくることができます。
まずは3つの骨格タイプの特徴を知りましょう。

Straightタイプ

立体的で厚みのあるメリハリボディ
Straightタイプ

【首】

身長との割合で考えると短め。

【デコルテ】

筋肉のハリがあり、鎖骨があまり目立たない

【ウエスト】

胸からウエストにかけての距離が短く、腰の位置は高め

【手首】

細めで、断面は丸に近い筒状

【手のくるぶし】

骨が小さく目立たない

【手の平】

手の平が小さくて厚みがあり、弾力的

【腰まわり】

腰が高い位置にあり、筋肉の厚みがある

【ヒップライン】

ヒップが立体的で、ウェストラインがはっきり見える

メモ

似合うのは、すっきりシンプルなファッション。
飾りを押さえたシンプルでベーシックなデザインが得意。素材はハリのある上質なものが似合います。

【トップス】

首周りや胸元をすっきり見せる、胸元が縦に開いたものがおすすめ。フリルや飾りのあるアイテムは、ボリュームが出て着太りする。サイズは大きすぎず、小さすぎない物を選ぶとよい。
ベーシックなシャツ、ジャケット、Vネックニット
×パフスリーブ、オフショルダートップス、タートルネック

【ボトムス】

フレア系スカートは着太りして見え、スキニータイプもムチムチして見える。太ももを強調せず、細いひざ下やヒップラインを見せるタイトスカートやストレートパンツが似合う。
ストレートパンツ、タイトスカート
×フレアスカート、スキニーパンツ

メモ

キーワード:シンプル、ベーシック、高級感、すっきり

Waveタイプ

やわらかな曲線で華奢なカーヴィーボディ
Waveタイプ

【首】

身長と比較して長め。肩にかけてのラインがなだらかなのが特徴

【デコルテ】

鎖骨が細く、よく目立つ

【腰の位置】

ウエストから腰の距離が長く、腰の位置は低め。腰は厚みがなくうすい。

【手首】

平たく、断面にすると楕円形のような形。

【手のくるぶし】

普通に見えるくらいの大きさ

【手の平】

サイズは普通で、うすい

【ヒップライン】

ヒップが平面的。背中からなだらかな曲線になっている

【ひざ】

膝が出ている。太ももが細く、ひざ下に肉がつきやすい。

メモ

似合うのは華やか・ソフトなファッション。
体に厚みがないので、装飾のあるデザインが合います。体の曲線やウエストのくびれを強調するスタイルを作りましょう。
素材はうすくやわらかい質感、ふっくらとしたボリュームのあるものが似合います。上半身にコーディネイトをつくるのがポイントです。

【トップス】

上半身がさみしくならない、フリルなどの飾りがついた、華やかでボリュームのあるものが似合う。重ね着など、足し算するコーディネートもおすすめ。
ブラウス、カーディガン、パフスリーブ、オフショルダー
×シャツ、Vネック、タートルネック、ハイネック、トレーナー

【ボトムス】

ハイウエストが得意。下半身が軽やかに見える、フレアスカートがおすすめ。ひざ下丈なら足が短くみえずバランスよくまとまる。パンツはだぼっとした物は似合わないのでコンパクトに見えるスキニータイプを。
ミニスカート、プリーツスカート、コクーンスカート、テーパードパンツ、スリムパンツ
×ハーフパンツ、ワイドパンツ、マキシ丈スカート

メモ

キーワード:華やか、フィット&フレア

Naturalタイプ

骨、関節がしっかりしたスタイリッシュボディ
Naturalタイプ

【首】

長さは個人差がある。筋が目立つ

【デコルテ】

鎖骨の骨が太くて大きい。目立ち方には個人差がある

【腰】

骨の厚みがあるので、長方形のような形

【手首】

断面にすると長方形で、骨や筋が感じられる。

【手のくるぶし】

骨が大きく、目立つ

【手の平】

手の平が大きく、指の関節が目立つ。骨や筋っぽさが感じられる

【ヒップライン】

肉感はほとんどなく、平面的。骨盤に厚みがある

【ひざ】

ひざの皿が大きい。ひざ下はすねの骨やアキレス腱が太い

メモ

似合うのはゆったりカジュアルなファッション。
フレームがしっかりした体なので、ラフでカジュアルなデザインが得意。素材は風合いのある素材や洗いざらしの質感、シャリ感があるものなどが似合います。

【トップス】

首元が大きく開かない、ゆったりとしたサイズ感のもの。ルーズなシャツや、ゆとりのあるオフタートルがスタイリッシュに決まる。
シャツ、ロングカーディガン、オーバーニット、タートルニット
×パフスリーブ、胸の開きが深いトップス

【ボトムス】

大きめでゆったりしたサイズや、ざっくりした質感が似合う。布をたっぷり使ったマキシ丈スカート、ダメージ加工デニムなどがおすすめ。
ロングスカート、ガウチョパンツ、カーゴパンツ
×ハーフパンツ、ショートパンツ、ティアードスカート

メモ

キーワード:大きめ、長め、ラフ、リラックス、素朴

教えてくれた人

上内 奈緒

  • 骨格診断ファッションアナリスト

プロフィール

(社)骨格診断ファッション協会 理事。株式会社アイシービー取締役社長室長。
骨格ファッションアナリストの育成講座を担当する他、全国でイベント、講演、セミナーなどを開催。