閉じる
らいふ

毎日のくらしを
ちょっとだけ ハイ クオリティーに

仕事に子育てに疲れちゃって、家事をこなしていくだけで手一杯。でも、朝食は家族と楽しく食べたいし、お風呂場の汚れも、ぽっちゃりお腹もなんとかしたいし…。
そんなあなたの毎日をワンランクアップさせる、くらしの情報サイトNHK 「らいふ」。知って得するくらしのアイデアを1分間にぎゅっとまとめた動画や、専門家が監修した記事を集めました。あなたの毎日を楽しく豊かにしてくれる情報が満載です。

その他

これで防げる!忘れ物を減らす方法

ついうっかりしてしまう忘れ物。
ひと工夫すれば劇的に忘れ物を減らせます!

公開日:2017年11月10日

忘れちゃダメと思っていても、
なぜかうっかり忘れちゃうことってありますよね?
出かける時の持ち物、買い物の品、傘etc.
そんな忘れ物の対策を、各分野の達人が教えます。
毎日習慣づければ、忘れ物はぐっと減りますよ。

出かける時に忘れ物をしないために

持って行き忘れ、入れ忘れを防止する!

玄関や廊下に置いておくと、廊下を歩く、靴を履くなどのほかの行動をしているため、忘れがちになります。

ポイント❶ 帰宅したら、すぐに決めた場所に置く

メモ

どこに置いたかを忘れないために、置く場所を固定化して、持ち物が全部揃っている状況を作っておく。



ポイント❷ カバンも同じ場所にかける

メモ

引き出しの中には、手前に毎日使うもの、奥にはたまに使うものを置くといいでしょう(次の日に使うものは、手前に置き直すと、なおいい)。



ポイント❸ 語呂合わせで確認する

メモ

達人の例
ケサキメテ(今朝決めて)→ケ:携帯電話、サ:サイフ、キ:キー(鍵)、メ:メガネ、テ:定期券

置き忘れを防止する!

警察学校に学ぶ装備品チェックの方法

ポイント 鏡の前でチェックする

鏡を使って、自分の目で見て確認することが必要。
自分で直接見るだけではなく、鏡を使うことで客観的に自分をチェックできます。また、一呼吸おくことで、持っていかなければならないものを思い出しやすくなることも、鏡を使う利点です。

メモ

出かける前に、習慣的に鏡に向かって持ち物をチェックする時間(5秒程度)を作ることが、忘れ物防止に大切です。

  • 協力:警視庁 警察学校

買い忘れを防止する!

メモを上手に活用しましょう。

ポイント❶ 忘れたくないことは右ページに書く

人の視線は、止まっている右ページにいきやすいから。

ポイント❷ カテゴリーごとに斜めにずらして書く

カテゴリー別にずらして書けば、縦一列や横に並べて書くより格段に見やすくなります。
その結果、見落としが少なくなり、買い忘れが減ります。

メモ

メモを見忘れないように、毎日必ずタイミングを決めてメモを見る習慣をつけましょう。毎日していることとセットにすると、忘れにくくなります。

傘忘れを防止する!

傘を決して体から離さない!

ポイント❶ 店に入る時「傘立て」を使わない

傘立てに立てると体から傘が離れて忘れやすくなります。なるべく体の近くか荷物のすぐそばに置きましょう。帰る時に目に入る位置がベスト。

メモ

お店に傘を持って入る場合は、傘の開閉を繰り返し、しっかり水気を切りましょう。また、水切れが悪くなった傘は、防水スプレーなどでしっかりと防水処理をしておきましょう。



ポイント❷ 「傘袋」を利用する

濡れた傘を入れるだけで、傘の水気を感じさせないすぐれもの。満員電車の中でも、他人に不快な思いをさせません。

メモ

電車で座席に座った時などは、傘袋に入れた傘を両足の間に挟めば、置き忘れることはありません。

教えてくれた人

芳賀 繁

プロフィール

人の失敗(ヒューマンエラー)の原因と対策を研究して30年以上。
立教大学 現代心理学部 教授

教えてくれた人

日比野 治雄

プロフィール

デザインを視覚的観点から研究している。デザイン心理学のプロ。
千葉大学大学院 工学研究科 教授

教えてくれた人

星山 恵美

プロフィール

傘を忘れることはないという達人。勤続12年、傘をこよなく愛する傘メーカー広報。