閉じる
らいふ

毎日のくらしを
ちょっとだけ ハイ クオリティーに

仕事に子育てに疲れちゃって、家事をこなしていくだけで手一杯。でも、朝食は家族と楽しく食べたいし、お風呂場の汚れも、ぽっちゃりお腹もなんとかしたいし…。
そんなあなたの毎日をワンランクアップさせる、くらしの情報サイトNHK 「らいふ」。知って得するくらしのアイデアを1分間にぎゅっとまとめた動画や、専門家が監修した記事を集めました。あなたの毎日を楽しく豊かにしてくれる情報が満載です。

料理

かわいくおいしい!
秋の行楽弁当♪

お弁当箱をあけるときはいつもワクワク!
季節を取り入れた行楽弁当で、お出かけ気分を盛り上げよう。

公開日:2017年11月2日

運動会や行楽など秋はイベントが多い季節。
素敵な行楽弁当を持ってでかけましょう!
見た目も華やかで楽しく、しかもおいしい!
作るのだってとっても簡単です。

月見そぼろ弁当

卵そぼろと鳥そぼろで華やかなそぼろ弁当を!
月見そぼろ弁当

【材料(2人分)】

鶏そぼろ 適量
卵そぼろ 適量
かまぼこ 適量
みつば 2本
紅しょうが 少々
ごはん 適量

【つくり方】

  1. 1みつばはさっとゆでて水にとり、水気を切って3〜4センチ長さに切る。
  2. 2かまぼこは4〜5ミリ厚さの薄切りにし、ウサギの形に切りとり、紅ショウガで目をつける。あたたかいごはんに鶏そぼろを平らにのせ、丸くくり抜いた紙をのせて、卵そぼろを入れる。
  3. 3かまぼことみつばをのせる。

鶏そぼろ

【材料】

鶏ひき肉 100g
しょうが(すりおろす) 小さじ1/2
サラダ油 小さじ1/2
〈A〉
しょうゆ 大さじ1+1/3
みりん 大さじ1
砂糖 大さじ1
大さじ3

【つくり方】

  1. 1鍋を熱し、油をなじませ、一旦火からおろし、少し冷ます。
  2. 2再び火にかけて、しょうがと鶏ひき肉を入れ、菜ばし4本でかき混ぜながらパラパラにする。
  3. 3〈A〉を加え、弱火で煮つめる。

卵そぼろ

【材料】

2コ
サラダ油 小さじ1/2
〈A〉
砂糖 小さじ1
ひとつまみ
小さじ2

【つくり方】

  1. 1卵は、からざをとってよく溶きほぐし、〈A〉を混ぜる。
  2. 2鍋を熱し、サラダ油をなじませて一旦火からおろし、少し冷ます。
  3. 3再び弱火にかけて卵を入れ、菜ばし4本でかき混ぜながら火を通し、完全に火が通る前に火からはずし、よく混ぜる。(鍋の余熱を利用しながら火を通す)

さけそぼろ弁当

生ざけが出る季節にぜひ作りたい“さけそぼろ”。卵そぼろと合わせて、いつもとは違うそぼろ弁当に。ごはんにしみた、さけの甘みとしょうがの風味がたまりません。

【材料(2人分)】

さけそぼろ 適量
卵そぼろ 適量
しめじの佃煮 適量
みつば 3本
紅しょうが 適量
ごはん 適量

【つくり方】

ごはんを弁当箱に平らに盛り、さけそぼろ、ゆでたみつば、卵そぼろ、しめじの佃煮、紅しょうがをのせる。

さけそぼろ

【材料(2人分)】

生ざけ 1切れ(100g)
しょうが 1/2かけ
〈A〉
1/2カップ
大さじ1
〈B〉
砂糖 大さじ1
しょうゆ 小さじ1
少々

【つくり方】

  1. 1さけは骨と皮を除き、2センチ角に切る。しょうがは皮をむいてせん切りにする。
  2. 2鍋に〈A〉を煮立て、さけを入れて1〜2分煮てへらでほぐす。
  3. 3〈B〉を加え、汁がほとんどなくなるまで煮つめる。

卵そぼろ

【材料】

2コ
サラダ油 小さじ1/2
〈A〉
砂糖 小さじ1
ひとつまみ
小さじ2

【つくり方】

  1. 1卵は、からざをとってよく溶きほぐし、〈A〉を混ぜる。
  2. 2鍋を熱し、油をなじませて一旦火からおろし、少し冷ます。
  3. 3再び弱火にかけて卵を入れ、菜ばし4本でかき混ぜながら火を通し、とりだす。(鍋の余熱を利用しながら火を通す)

しめじの佃煮

【材料(作りやすい分量)】

しめじ 150g
しょうゆ 大さじ1
みりん 小さじ2
大さじ2

【つくり方】

  1. 1しめじは石づきを除いて1本ずつほぐす。
  2. 2鍋に材料を全て入れ、中火にかける。混ぜながら汁がほとんどなくなるまで煮る。

【飾りそぼろ弁当】

生ざけが出る季節にぜひ作りたい、さけのそぼろと色鮮やかな卵そぼろを合わせて、ネコ編集長をかたどったいつもとは違うそぼろ弁当。
【飾りそぼろ弁当】

【材料】

さけそぼろ 適量
卵そぼろ 適量
ごはん 適量
にんじん 適量
焼きのり 適量
かまぼこ 適量
ぎんなん 適量
※さけのそぼろが無い場合は市販のさけのフレークで代用可

【つくり方】

  1. 1ごはんを弁当箱に平らに盛り、さけそぼろを全体に敷き詰める。
  2. 2ネコの顔型に抜いた紙をのせて、卵そぼろを入れる。
  3. 3切り抜いた側に両目に穴が空いたものに交代し、穴の部分に塩茹でしたにんじんをみじん切りにしたものを入れる。
  4. 4型を外して、薄切りにしたかまぼこ2枚を丸く切ったのりとあわせて両目に見立てて置く。口にヒゲに見立てたのり、鼻に見立てたぎんなんをトッピング。

型ぬきごはん弁当

専用の型がなくても、家にあるケーキ型や、ココット型など利用しましょう。ラップをひいて材料をつめ、型の大きさに切ったボール紙などでぎゅっと押せばできあがり。しっかりと押すのがポイントです。

【材料】

さつまいもごはん 適量
錦糸卵 適量
飾り用のにんじん 適量
のり 適量
みつば 適量

【つくり方】

  1. 1 型に、好きな形に切ったのり、にんじん、みつば、錦糸卵、さつまいもごはんの順でつめる。
  2. 2 隅々までぎゅっと押して型をはずす。→しっかりと押すのがポイントです
  3. 3 ひっくり返してできあがり。

さつまいもごはん

【材料(2人分)】

2合
適量
さつまいも 150g
〈A〉
みりん 小さじ2
小さじ2/3

【つくり方】

  1. 1米は洗って水気をきり、炊飯器に入れ、2合の目盛りまで水を入れて30分浸水させる。
  2. 2さつまいもはよく洗い、1センチ角に切り、すぐ水につけ、5分ほどさらす。
  3. 31に〈A〉を入れて混ぜ、さつまいもをのせ、すぐスイッチを入れて炊く。
  4. 4ごはんが蒸らしあがったら、さつまいもをつぶさないようにしゃもじでほぐす。

錦糸卵

【材料(作りやすい分量)】

1コ
ひとつまみ
砂糖 小さじ1
小さじ1
サラダ油 適量

【つくり方】

  1. 1卵をボウルに割り入れ、からざをとり、菜ばしでよくときほぐし、塩、砂糖、水を混ぜる。(きれいに作りたいときはここでこす)
  2. 2卵焼き器を熱し、サラダ油を薄くぬり、鍋をいったん火から離して温度を下げる。温度を下げることできれいな薄焼き卵ができる。
  3. 3再び火にかけ、1を適量入れ薄く広げ、両面を焼いてとりだす。
  4. 43〜4センチ幅に切って重ね、せん切りにする。

飾りのにんじん

【つくり方】

  1. 1にんじんは4ミリ厚さの輪切りにしてもみじの型でぬく。
  2. 2鍋に水1カップ、砂糖小さじ1、塩ひとつまみを入れて煮立て、にんじんを入れて7〜8分煮て、そのままさます。

デコレーション太巻き

デコレーション太巻き

【材料(1本分)】

ごはん 260g
〈A〉
大さじ1
砂糖 小さじ2
小さじ1/3
赤じそふりかけ 小さじ1
   
1コ
〈B〉
だし 小さじ1
砂糖 大さじ1/2
しょうゆ 1〜2滴
少々
   
かにかまぼこ 20g
きゅうり 1/6本
焼きのり 3枚
サラダ油 少々

【つくり方】

  1. 1あたたかいごはんに〈A〉を混ぜてすし飯を作る。140gと120gに分け、140gのすし飯に赤じそふりかけを混ぜる。
  2. 2〈目を作る〉
    卵を溶きほぐし、〈B〉を混ぜて2等分する。卵焼き鍋を熱し、油少々をなじませ、卵を入れて広げ、手前に巻き、まきすにとり、直径1センチくらいの円筒形にととのえる。もう1本も同様に焼く。
    タテ半分に切り、切り口の中央に切り込みを入れ、5ミリ幅に切った焼きのりをはさんで、ねこの目にする。
  3. 3きゅうりはタテ6等分に切る。
  4. 4〈耳を作る〉
    焼きのりを4センチ幅に切り、赤じそふりかけをまぜたごはんを15gのせて三角に形をととのえる。もう1つ作る。
  5. 5〈顔を作る〉
    焼きのりを15センチ長さに切り、横長におく。向こう側3センチを残し、赤じそふりかけを混ぜたすし飯を平らに広げる。中心にきゅうりのとがった方をつきさすようにのせる。きゅうりの両側に卵焼きの切り口を上にしてのせ、きゅうりの上にすし飯を少しのせる。(薄切りにしたきゅうりを一枚両目の上に置いておくとズレにくくなる。)
    まきすをもちあげて、すし飯の、はしとはしを合わせて巻く。
  6. 6全形の焼きのりを横長に置き向こう側3センチを残して平らに広げる。耳のところをくぼませておき、耳が三角になるようにのせる。その上に顔をのせ、かにかまぼこをのせて包む。
  7. 71〜2センチ幅に切る。

教えてくれた人

渡辺あきこ

  • 料理研究家

プロフィール

料理教室や講演会の合間をぬって、全国各地の郷土料理を訪ね歩くのがライフワーク。伝統の知恵を取り入れた、やさしい「母の味」を伝え続けている。日本の味を海外に紹介する「JAPANESE・FOOD」(NHKWORLDのウェブサイト)でマダムあきことして活躍中。