閉じる
らいふ

毎日のくらしを
ちょっとだけ ハイ クオリティーに

仕事に子育てに疲れちゃって、家事をこなしていくだけで手一杯。でも、朝食は家族と楽しく食べたいし、お風呂場の汚れも、ぽっちゃりお腹もなんとかしたいし…。
そんなあなたの毎日をワンランクアップさせる、くらしの情報サイトNHK 「らいふ」。知って得するくらしのアイデアを1分間にぎゅっとまとめた動画や、専門家が監修した記事を集めました。あなたの毎日を楽しく豊かにしてくれる情報が満載です。

美容・健康

皮膚科医 友利新の
額のシワ予防法

老けた印象を与えてしまう額の横ジワ。
日々のちょっとした意識で予防することができるんです。

公開日:2017年10月6日

額に何本も入ってしまう横ジワ。
日々の額の動きでできてしまうのです。
美容と健康を追求する皮膚科医 友利新さんが、
額を動かさず、シワを作らないエクササイズを紹介します。
できてしまった横ジワも、目だたせないようにできますよ。

なぜ額のシワができるの!?

目を大きく開けるとき、眉と額をぐっと上げて目を開かせようとしていませんか?驚いたときや、相手へのオーバーアクションを示す際、こうした表情をつける人もいますよね。しかし、この方法では、額に何本も横ジワが入ります。何度も繰り返し習慣化することで、皮膚の深い所の線維が変形してしまい、額に深いシワができてしまうのです。

額のシワ予防エクササイズ

眉をぐっと上げて目を開けると、額が動き、横ジワが入ってしまいます。
額のシワを予防するには、額を上げてシワをつくらなくても、目を大きく開ける練習をしましょう。額を動かさない状態で、目の奥の筋肉である眼瞼挙筋(がんけんきょきん)を使って目を開ける方法です。
どうしても眉や額を動かしてしまう人は、シワができる表情の回数を少なめにするよう心がけるとよい。
  1. 1目の力を抜き、額に片手をあてる。
  2. 2額に横ジワが入らないように、目の奥の筋肉を意識しながら目を開けて、閉めて、を繰り返す。
  3. 31日5回ほど行う。

ポイント

  • 鏡を見ながら行うとよい。
  • 慣れたら手をあてずに行う。

教えてくれた人

友利 新

  • 医師

プロフィール

沖縄県宮古島出身。医師(内科・皮膚科)
都内クリニック勤務の傍ら、医師の立場から美容と健康を追求し、美しく生きるための啓もう活動を、雑誌やテレビなどで展開中。2004年、第36回準ミス日本という経歴を持つ。