閉じる
らいふ

毎日のくらしを
ちょっとだけ ハイ クオリティーに

仕事に子育てに疲れちゃって、家事をこなしていくだけで手一杯。でも、朝食は家族と楽しく食べたいし、お風呂場の汚れも、ぽっちゃりお腹もなんとかしたいし…。
そんなあなたの毎日をワンランクアップさせる、くらしの情報サイトNHK 「らいふ」。知って得するくらしのアイデアを1分間にぎゅっとまとめた動画や、専門家が監修した記事を集めました。あなたの毎日を楽しく豊かにしてくれる情報が満載です。

美容・健康

心と体がほぐれる
全身浴・手足浴で快眠!

気持ちよく眠りにつくための準備として『全身浴』と
『手足浴』を取り入れて、スムーズに入眠しよう!

公開日:2017年9月8日

「眠りが浅い」「寝つきが悪い」「何度も夜中に起きてしまう」…。
そんなときは、気持ちよく眠りにつくための準備として、ぬるめのお湯にゆったりとつかりましょう。
そうすることで副交感神経を刺激し、心身を落ち着かせることができるので、快眠につながります。
疲れて入浴する気分になれないときは、手や足をお湯で温めればおやすみモードに入ることができますよ。

心地よい入眠のコツは、入浴にあり!

入浴するときは、ぬるめのお湯に15分間、ゆったりとつかります。夏なら38~40℃、冬は39~41℃の温度がいいでしょう。
個人差はありますが、就寝前の30分~3時間前に体温を少し上げておくと、体温が下がるタイミングで眠くなり、入眠しやすくなります。精神的なリラックス効果も得られ、眠りの質も上がります。
冷えやすい人は就寝の直前に。ほてりやすくて入浴後すぐに眠れない人や、熱めのお湯が好きな人は2~3時間前に入るのがベストです。
入浴前後に水分補給

入浴前後に水分補給

汗をかきやすい夏場は、脱水症状を起こさないように入浴前後の水分補給が必須。汗をかくことで新陳代謝が高まり、入眠しやすくする効果も。
汗をかいたら寝る前にシャワーを

汗をかいたら寝る前にシャワーを

蒸し暑い時期は入浴後にも汗をかき、肌のベタつきが寝つきを悪くする原因に。そんなときは、就寝前にさっとシャワーを浴びてさっぱりしてから床へ。
冬の入浴は…

メモ

湯冷めをしないように、柚子やバスソルト、炭酸入浴剤などを入れるのもおすすめ。ヒートショック予防のために、浴室や脱衣所を温める工夫も忘れずに。

「手浴」で心身をリラックス

「手浴」で心身をリラックス
手は心臓に近く、お湯につけることで温まった血液がすぐに心臓に届くので、素早く全身を温めることができます。お湯の温度は熱めの43℃くらいがおすすめ。シンクや洗面器にお湯を張り、手首の上までしっかりとつけましょう。そのまま10分間ほどつけて、全身がぽかぽかしてきたらOKです。手浴なら、自宅以外の場所でも手軽にできます。

ストレッチでリラックス効果をアップ!

手は「第2の脳」と呼ばれており、脳が緊張していると手は冷たく硬くなっていることが多いので、疲れやストレスで眠れないときは、温めながら手首をほぐして緩和しましょう。
手の甲を上に 手の甲を下に 交互に繰り返す
手のひらと手の甲を底につけて手首をほぐす

手のひらと手の甲を底につけて手首をほぐす

親指を外側に向け、手のひらを底から離れないようにしっかりつける。そのまま手を返し、手の甲を底につける。どちらもひじはピンと伸ばし、体重を後ろにかける。これを手首がほぐれるまで繰り返す。

「足浴」で疲労を解消し、寝つきをよくする

「足浴」で疲労を解消し、寝つきをよくする
足は心臓から最も遠い下部にあるため、血液が滞りやすく疲労が蓄積しやすいので、そのままにしておくとだるさが強まって眠りの質を下げる原因に。むくみも生じるので、しっかり温めて血流を促しましょう。足浴は、両足が入るバケツなどに43℃程度の熱めのお湯を入れ、くるぶしの上までつけます。5~10分間ほど、全身がぽかぽかするまで温めましょう。

教えてくれた人

三橋 美穂

  • 快眠セラピスト

プロフィール

睡眠環境プランナー。20年間で1万人以上の眠りの悩みを解決。頭を触っただけでどんな枕が合うか分かるほどの経験を持つ。全国での講演活動や執筆を通して眠りの大切さや快眠の工夫などを提案。世界中で話題の寝かしつけ絵本「おやすみ、ロジャー 魔法のぐっすり絵本」の日本語版監修も手がけている。著書多数。