閉じる
らいふ

毎日のくらしを
ちょっとだけ ハイ クオリティーに

仕事に子育てに疲れちゃって、家事をこなしていくだけで手一杯。でも、朝食は家族と楽しく食べたいし、お風呂場の汚れも、ぽっちゃりお腹もなんとかしたいし…。
そんなあなたの毎日をワンランクアップさせる、くらしの情報サイトNHK 「らいふ」。知って得するくらしのアイデアを1分間にぎゅっとまとめた動画や、専門家が監修した記事を集めました。あなたの毎日を楽しく豊かにしてくれる情報が満載です。

料理
その他

黒糖焼酎で度数の違いの魅力を知る

爽やかな口当たりと上品な甘みが特徴の黒糖焼酎。
度数の違いで香りやコクが変化します。

公開日:2017年9月8日

黒糖焼酎は、国内では奄美大島が唯一の産地。
ほかの地域では酒税法により、つくることができません。
南国ならではの糖度の高いサトウキビから作られる黒糖と、米麹からつくられます。
甘い香りとコク、爽やかな口当たりは女性にも大人気です。

「黒糖焼酎」の度数違いを探る

ボディーを感じるしっかり系 ピュアにして飲みごたえのある30度台
一次二次仕込みともに甕仕込みにしたり、自社でサトウキビの栽培を手掛けるなど、さまざまな取り組みに挑む蔵元の個性は、まさに百花繚乱。オン・ザ・ロックでも薄まらないうまみも魅力。


キレのあるすっきり系 飲み飽きしない、軽やかな味わいの20度台
減圧・常圧の蒸留法を問わず、音響振動でゆっくり熟成を促したり、珊瑚礁から湧き出る地下水で仕込むなどして、軽やかな味わいを実現。中には地元消費がほとんどで、出回りにくい貴重品もあります。


ゆっくり楽しむ高アルコール系 リッチな食後酒として楽しみたい40度台
無濾過(むろか)で野性味あふれる味わいに仕立てたもの、年に一度のみの蔵出しとなるものや、長期熟成をかけたものなど、蔵元の熱い思いと技術が濃縮。少しずつ、ゆっくりと余韻を楽しみましょう。

肉みその納豆ばくだん

黒糖焼酎がもっとおいしくなる絶品おつまみ

合う焼酎

しっかり系 すっきり系  
肉みその納豆ばくだん

【材料(2人分)】

〈肉みそ(つくりやすい分量)〉
豚ひき肉 300g
ねぎ(みじん切り) 1本分
サラダ油 大さじ2
赤みそ(桜みそ) 250g
砂糖 50g
シナモンパウダー 小さじ1
しょうゆ 小さじ2
 
〈A〉
ひき割り納豆 1パック(50g)
たくあん(みじん切り) 3切れ分
青じそ(みじん切り) 2枚分
しょうゆ・白ごま 各小さじ1/2
 
サンチュ 4枚
青ねぎ(小口切り) 適量

【つくり方】

  1. 1肉みそをつくる。フライパンにサラダ油を温め、ねぎを加えて、中火でしんなりするまで炒める。豚ひき肉を加えて、ほぐしながら火を通す。
  2. 21に残りの調味料を順に加えて、味を整える。
  3. 3ボウルに肉みそ30gと〈A〉を入れて、よく混ぜ合わせる。
  4. 4サンチュに3を等分にのせ、青ねぎをトッピングして、くるんで食べる。

メモ

肉みそは粗熱を取ったあと、一度、冷蔵庫に入れ、浮いた油を取り除くとなおよい。残った分は冷蔵庫で1か月間保存可能。

監修

高橋 研

  • 焼酎居酒屋 店主

プロフィール

15歳から和食、洋食など、料理人としてさまざまな飲食業にたずさわる。20代終わりごろに、芋焼酎をはじめ本格焼酎の魅力に目覚め、1999年焼酎居酒屋をオープン。焼酎のおいしさや、料理とのペアリングの楽しみを多くの人に広める。また、焼酎の蔵元や酒販店との交流も深く、焼酎文化の普及に貢献している。