ライフスタイル

カンタン♪ラクラク♪
浮き輪を膨らませるワザ

夏のレジャーの必須アイテム“浮き輪”。
2つの身近なものさえあればカンタンに膨らませることができます!

公開日:2017年8月4日

海やプールに遊びに行くことが多い夏。
浮き輪など空気を入れて遊ぶアイテムがあると、
水遊びがさらに楽しくなりますよね。
でも、浮き輪を自力で膨らませるのは大変だし、
空気を入れてくれるサービスもあるけれど、お金もかかるし、
長蛇の列に並ぶのも面倒…という方、必見!
身近なもの2つを使って、簡単に浮き輪を膨らませる技を紹介します。

浮き輪をカンタンに膨らませる方法とは?

用意するもの

用意するもの
浮き輪
ストロー
ゴミ袋(45L)
※大きいものを膨らませる時は70Lぐらいがベスト

さあ、浮き輪に空気を入れてみよう!

手順❶ ストローの先を斜めに切り、とがった部分も少し切り落とす。

手順❶

ストローの先を斜めに切り、とがった部分も少し切り落とす。

メモ

とがった部分を切っておかないと、浮き輪を傷つけてしまうことがあるので、必ず切りましょう。

手順❷ ❶のストローのとがっている方を浮き輪の空気の吹き込み口に差し込む。

手順❷

❶のストローのとがっている方を浮き輪の空気の吹き込み口に差し込む。
浮き輪の吹き込み口は、空気がもれないように弁がついていて、その弁の先に切れ込みがあり、その隙間から空気が入るようになっています。弁の先の切れ込みが入っている方に、ストローのとがった先を押し込むと弁が開き、空気が通りやすくなります。

メモ

浮き輪の吹き込み口は、空気がもれないように弁がついていて、その弁の先に切れ込みがあり、その隙間から空気が入るようになっています。弁の先の切れ込みが入っている方に、ストローのとがった先を押し込むと弁が開き、空気が通りやすくなります。

手順❸ ゴミ袋の中にたくさん空気を入れて、手で口を押さえながら、❷のストローが差し込まれている弁のところまで入れる。

手順❸

ゴミ袋の中にたくさん空気を入れて、手で口を押さえながら、❷のストローが差し込まれている弁のところまで入れる。
手順❹ ❸のゴミ袋の上にまたがり、おしりで空気を前に押し出すようにして浮き輪を膨らませる。

手順❹

❸のゴミ袋の上にまたがり、おしりで空気を前に押し出すようにして浮き輪を膨らませる。

メモ

空気を早く入れるためには、ゴミ袋の押し方が大事!!
おしりで空気を前に押し出すようにすると、お尻は面積が広く、圧力がたくさんかかるうえ、地面にゴミ袋が押し付けられて安定するので、楽に早く空気を入れられます。

教えてくれた人

日置 武志

プロフィール

浮き輪など、水遊びに欠かせない製品を販売し続けて15年以上。浮き輪の構造に詳しい空気入れの達人。