閉じる
らいふ

毎日のくらしを
ちょっとだけ ハイ クオリティーに

仕事に子育てに疲れちゃって、家事をこなしていくだけで手一杯。でも、朝食は家族と楽しく食べたいし、お風呂場の汚れも、ぽっちゃりお腹もなんとかしたいし…。
そんなあなたの毎日をワンランクアップさせる、くらしの情報サイトNHK 「らいふ」。知って得するくらしのアイデアを1分間にぎゅっとまとめた動画や、専門家が監修した記事を集めました。あなたの毎日を楽しく豊かにしてくれる情報が満載です。

園芸・ガーデニング

土がなくても育つ
エアプランツの育て方

フォルムの美しさ、ユニークさで人気のエアプランツ。
しっかり水をあげて美しく育てましょう。

公開日:2017年7月28日

土がいらない植物、通称エアプランツ。
空気中の水分を吸収することから、
水もあげなくても育つと誤解されている人も多いですが、
実はエアプランツは水が大好き。
水をたっぷりあげることで、
ボリューム満点で元気な葉の状態を楽しめます。

空気で育つ? エアプランツ

樹木や岩にくっついて育つ着生植物は、土がなくても育つことから通称でエアプランツと呼ばれています(学名:ティランジア)。空気中の水分を吸収する性質がありますが、日本の環境では水やりが必要です。
また、エアプランツには種類が多く、形もさまざま。好みのものを選びましょう。全体が白っぽく見えるものは、銀葉種と呼ばれるタイプで、トリコームという銀白色の細かい毛がたくさんついています。つやのある緑色に見えるものはトリコームが少ないタイプで、緑葉種と呼ばれます。
ウスネオイデス フクシー ハリシー カプトメデューサエ ブルポーサ

エアプランツの育て方

【置き場】

ベランダなど、直射日光が当たらない風通しのよい場所が理想的です。室内なら、できるだけ風通しのよい窓際に。
ウスネオイデス

【水やり】

全体がしっとりぬれるまで霧吹き(またはジョウロ)でぬらしましょう。乾くまで2〜3時間かかるくらいぬらすのが理想的です。

※写真のエアプランツ・・・ウスネオイデス

銀白色で、細長くひものような形。くるくるとカールするように長く垂れ下がり、風が吹くとふわりと揺れる姿が印象的です。スパニッシュモスとも呼ばれます。

【肥料】

規定濃度の4〜5倍に薄めた液体肥料を、水やり後、霧吹きなどで月1回程度施しましょう。大きく育てたい場合は、月2回に。
着生させるのが本来の姿

メモ

着生させるのが本来の姿

木の板や流木などに着生させると、根づいて水や養分などを吸収するようになり、より丈夫に育ちます。着生させずにそのまま置いておくなら、水を入れたコップなどを横に置きましょう。ある程度湿度が保てて、生育がよくなります。

監修

杉山拓巳

  • 熱帯植物栽培家

プロフィール

アンスリウム、ホヤ、ティランジアに造形が深く、育種も手がける。植物をよりよい状態に育てる栽培方法を研究し続けている。