閉じる
らいふ

毎日のくらしを
ちょっとだけ ハイ クオリティーに

仕事に子育てに疲れちゃって、家事をこなしていくだけで手一杯。でも、朝食は家族と楽しく食べたいし、お風呂場の汚れも、ぽっちゃりお腹もなんとかしたいし…。
そんなあなたの毎日をワンランクアップさせる、くらしの情報サイトNHK 「らいふ」。知って得するくらしのアイデアを1分間にぎゅっとまとめた動画や、専門家が監修した記事を集めました。あなたの毎日を楽しく豊かにしてくれる情報が満載です。

その他

ネコの夏の暑さ対策

蒸し暑い日本の夏は猫にとっても過ごしづらい季節です。
しっかりと対策をして快適な夏を過ごさせましょう。

公開日:2017年7月28日

ネコは比較的暑さに強いといわれていますが、それでも夏は注意が必要です。
特に家ネコの場合は、室温をしっかり管理し、水分補給も上手にしてあげないと熱中症になる危険も。
ネコの出す「暑さのサイン」を見逃さず、対策を立てるとともに、ストレスのない環境を作ってあげましょう。

ネコが暑くて困っているサインを見逃すな

ネコには暑さに強い猫種、弱い猫種が存在しますが、ともに季節に合わせて室温の管理が大切です。ネコは人間よりも暑さに強いですが、あまり暑いと熱中症になってしまいます。
ネコの出す、暑さのサインを見逃さず、快適な生活空間を作るようこころがけましょう。
快適 (18〜25℃) 好きな場所で好きなポーズで寝る。

快適 (18〜25℃)

好きな場所で好きなポーズで寝る。
やや暑い (25〜28℃) ひんやりとした場所で横寝。足はだらんとしている。

やや暑い (25〜28℃)

ひんやりとした場所で横寝。足はだらんとしている。
かなり暑い(28℃以上) ひんやりした場所で、全身脱力して仰向け寝。またはうつぶせ寝。

かなり暑い(28℃以上)

ひんやりした場所で、全身脱力して仰向け寝。またはうつぶせ寝。

エアコンの温度管理はしっかりと

エアコンの温度管理はしっかりと
ネコは人間の快適温度よりも2〜3℃高めで大丈夫です。人間が快適な室温は、ネコにとっては冷えすぎの場合もあるので注意が必要です。28℃前後がネコにはちょうどよいといわれています。
また、締め切った狭い室内は、エアコンをつけていたとしても、日中日差しが当たり続けると室温が上がってしまい、ネコも熱中症になりやすくなります。隣の部屋との行き来ができるよう、少し隙間をあけておくなど、ネコが自分で快適空間を選べるよう工夫をしてあげましょう。

夏に注意したい水の補給と管理

夏に注意したい水の補給と管理
ネコの祖先はエジプトの砂漠に住んでいたといわれ、もともと飲水量が少ない動物です。ですが、夏は水を飲む量が増えます。普段の季節より、水を置く場所を増やし、新鮮な水をいつでもとれるようにしてあげましょう。夏場は、水は1日に3回は交換しましょう。フードも食べ終わったら、器も回収してきれいに洗ってあげましょう。
またネコ本来の生活では、食事場所と水場は離れており、ご飯皿と水皿を隣に並べておくことは、食べるときにフードが水に入り、痛むこともあるのであまりよくありません。絶対にダメというわけではありませんが、場所を変えて水飲み場を設置してあげるとよいでしょう。昼間、留守がちな人は自動的に新鮮な水が出てくる給水器などにするのもよいでしょう。
水をあまり飲みたがらないネコには、食事をウェットフードにしたり、1回の食事の量を減らして回数を増やしたり、水にささみやマグロ、またたびの匂いをつけるなどすると、摂取できる水分量を増やすことができます。

監修

山本宗伸

  • ネコ専門病院 院長

プロフィール

日本大学獣医学科卒業。ネコ総合病院で副院長を務めた後、ニューヨークの「Manhattan Cat Specialists」で1年間研修。2016年ネコ専門病院を開院。ネコブログ「ネコペディア」は愛猫家に人気。ネコに関する著書多数。