ファッション・雑貨

初心者でも簡単
男性のゆかたの着付けと帯結び

男性のゆかた姿は涼やかさの中にも
男らしさが垣間見えてとてもステキ。
この夏はゆかたを楽しみましょう。

公開日:2017年6月23日

男性のゆかたは女性のゆかたと比べて簡単に着ることができます。
ゆかたの着付けと、帯の結び方を紹介します。
ちょっとした夏のイベントやデートなどに気楽にどんどん着てみましょう。

ゆかたの着付けに必要なもの

男性のゆかたの着付けに必要な一式を紹介します。ここでは肌着を紹介していますが素肌に直接着てもかまいません。
ゆかた

ゆかた

男性のゆかたはやや短めでよいが、身長に合ったものを選ぶ。素材は綿や綿麻、麻、ポリエステルなど。
帯

男性の帯は写真のような角帯か、柔らかい兵児帯(へこおび)。素材は絹、綿、綿麻、麻、ポリエステルなど。
肌着

肌着

肌着をつける場合は、VネックのTシャツとステテコを。白やグレーなど透けにくいものを選ぶ。
腰ひも

腰ひも

ゆかたのえり合わせを留めるために、腰に結ぶひも。3~5センチ幅長さ2m位のものを1本用意。
補正用タオル

補正用タオル

やせ型の人は、ウエストにタオルを巻くと帯が安定する。
下駄(げた)

下駄(げた)

ゆかたは素足に下駄をはくのが涼しげ。台や鼻緒の色は、様々なものがある。

男性のゆかたの着付け

男性のゆかたは女性と違っておはしょりをとらずに着るため、身長に合った長さのゆかたを選ぶことが大事です。着丈を短めにして、キリリとさわやかに仕上げましょう。
①VネックのTシャツ、ステテコをつける。必要に応じて、ウエストにタオルを巻いて補正する。補正は着崩れ防止にもなる。
  1. 1VネックのTシャツ、ステテコをつける。必要に応じて、ウエストにタオルを巻いて補正する。補正は着崩れ防止にもなる。
②ゆかたをはおり、両側の袖口を持ち、ゆかたの背縫いを体の中心に合わせる。
  1. 2ゆかたをはおり、両側の袖口を持ち、ゆかたの背縫いを体の中心に合わせる。
③VネックのTシャツ、ステテコをつける。必要に応じて、ウエストにタオルを巻いて補正する。補正は着崩れ防止にもなる。
  1. 3ゆかたの左右の掛けえりをそろえて持つ。続いて両手を自然に伸ばしたところで、ゆかたの両えりを持つ。えりは首につけておく。
④上前を開き、下前のえり先が左の腰骨あたりにくるように、下前を合わせる。褄先(つまさき)は上げない。 上前のえり先が右の腰骨あたりにくるように、上前を静かに合わせる。裾がくるぶしにかかるか少し短いくらいがよい。
  1. 4上前を開き、下前のえり先が左の腰骨あたりにくるように、下前を合わせる。褄先(つまさき)は上げない。
    上前のえり先が右の腰骨あたりにくるように、上前を静かに合わせる。裾がくるぶしにかかるか少し短いくらいがよい。
⑤右手上前のえり先を押さえたまま、左手で腰ひもの中心を持つ。上前のえり先に腰ひもをあててから左へ流すとゆかたが崩れない。腰ひもは腰骨にあてる。
  1. 5右手上前のえり先を押さえたまま、左手で腰ひもの中心を持つ。
    上前のえり先に腰ひもをあててから左へ流すとゆかたが崩れない。腰ひもは腰骨にあてる。
⑥腰ひもを前から後ろにまわし、後ろで交差させる。左右にキュッと引いて締め、前にまわして交差する。 体の中心で2回結んでから左右にねじり、ひもの端を上から挟み込む。腰骨の位置で結ぶと裾が広がらない。
  1. 6腰ひもを前から後ろにまわし、後ろで交差させる。左右にキュッと引いて締め、前にまわして交差する。
    体の中心で2回結んでから左右にねじり、ひもの端を上から挟み込む。腰骨の位置で結ぶと裾が広がらない。
⑦背縫いのところで、腰ひもの下から両手の人さし指を入れる。指を左右にひいて、腰ひものまわりのしわを伸ばす。背中にも少し緩みがあるがそのままにしておく。これを下に引いて伸ばしてしまうと動いているうちに衣紋が抜けてしまうので注意!
  1. 7背縫いのところで、腰ひもの下から両手の人さし指を入れる。指を左右にひいて、腰ひものまわりのしわを伸ばす。背中にも少し緩みがあるがそのままにしておく。これを下に引いて伸ばしてしまうと動いているうちに衣紋が抜けてしまうので注意!

これでゆかたが着あがりました。次は帯結びへ。

男性の帯結び

ここでは角帯(かくおび)を使って、最も一般的な結び方、貝の口を結びます。結び上りが貝の口のように見えることから、通称「貝の口」と呼ばれますが、別名を「男結び」とも言います。
①手(手先ともいう)の端から約40~50cm(手幅2つ半)とる。
  1. 1手(手先ともいう)の端から約40~50cm(手幅2つ半)とる。
②40~50cm分を縦半分に折って、帯幅を細くし、手の元を体の中心にあてる。
  1. 240~50cm分を縦半分に折って、帯幅を細くし、手の元を体の中心にあてる。
③手の元を体にあてたまま、たれを胴(腰ひもの上)に1回巻いて締める。続いてもうひと巻きする。
  1. 3手の元を体にあてたまま、たれを胴(腰ひもの上)に1回巻いて締める。続いてもうひと巻きする。
④帯を2回巻いたら、右手を自然に伸ばしたところで帯を持ち、残りのたれの長さを確認する。床に着くくらい余っているときはもう1回胴に巻く。胴に巻く回数は帯の長さや体形によって個人差がある。
  1. 4帯を2回巻いたら、右手を自然に伸ばしたところで帯を持ち、残りのたれの長さを確認する。床に着くくらい余っているときはもう1回胴に巻く。胴に巻く回数は帯の長さや体形によって個人差がある。
⑤残りの帯を、持ったところから内側に折りこむ。 右手でたれ、左手で手を持つ。
  1. 5残りの帯を、持ったところから内側に折りこむ。
    右手でたれ、左手で手を持つ。
⑥体の中心で手にたれをかぶせて結び、たれを上に出す。
  1. 6体の中心で手にたれをかぶせて結び、たれを上に出す。
⑦たれを垂直に立て、手を斜めに折り上げる。手とたれを左右持ち替えて、たれを下に折る。
  1. 7たれを垂直に立て、手を斜めに折り上げる。手とたれを左右持ち替えて、たれを下に折る。
⑧手の輪の中にたれを通して、上に引き出して結ぶ。
  1. 8手の輪の中にたれを通して、上に引き出して結ぶ。
⑨右手で帯の上、左手で帯の下をもち、右まわりに結び目を後ろにまわす。 貝の口の出来上がり。結び目はやや左が恰好がいい。
  1. 9右手で帯の上、左手で帯の下をもち、右まわりに結び目を後ろにまわす。
    貝の口の出来上がり。結び目はやや左が恰好がいい。
男性ゆかたの着付けが完成!

男性ゆかたの着付けが完成!

男性のゆかたの着丈は、くるぶしが見えるくらいのほうが、すっきりとして格好いい。

ゆかたと帯の各部の名称

和装独特の各部の名前を頭に入れておくと、着付けがスムーズにできます。ここでは着付けに登場する基本的な名称を紹介します。

ゆかた

前
後ろ
帯

左右どちらかを「手」と決めて、手から結び始める。手の反対側を「たれ」と呼ぶ

教えてくれた人

安田 多賀子

  • 着物・礼法研究家

プロフィール

京都で着付け技術を学び、1978年にきもの学院を創立。着物文化や礼儀作法の継承を目指し、講演や執筆活動も行う。「きもの親善大使として世界各地を訪問するなど日本の伝統文化の紹介に努める。