閉じる
らいふ

毎日のくらしを
ちょっとだけ ハイ クオリティーに

仕事に子育てに疲れちゃって、家事をこなしていくだけで手一杯。でも、朝食は家族と楽しく食べたいし、お風呂場の汚れも、ぽっちゃりお腹もなんとかしたいし…。
そんなあなたの毎日をワンランクアップさせる、くらしの情報サイトNHK 「らいふ」。知って得するくらしのアイデアを1分間にぎゅっとまとめた動画や、専門家が監修した記事を集めました。あなたの毎日を楽しく豊かにしてくれる情報が満載です。

住まい
料理

家事の時短と節約ができる
『冷蔵庫の整理術』

整理整頓された冷蔵庫は、
家事の時短や節約につながります。
3つのステップで冷蔵庫をスッキリ整えましょう!

公開日:2017年7月14日

突っ込むだけ突っ込んでごちゃごちゃになった冷蔵庫。
「あれ、どこにしまったっけ?」「うわっ、期限切れちゃってる!」
「入れる場所がなーい!」と、困ってしまうことってありませんか?
“冷蔵庫をきれいに整えると節約につながる”という家事のプロ、
矢野きくのさんにスッキリと見やすく、
在庫管理がしやすい冷蔵庫の整理術を聞きました。
また、食品ロスを防ぐ野菜の冷凍保存テクニックも紹介。
冷蔵庫を整理して家計もスリムにしましょう!

3つのステップで冷蔵庫を整理しよう!!

3つのステップで、冷蔵庫がスッキリ。家事がやりやすく、食材の無駄もなくなり、おいしいうちに食材を食べ切ることができます。

STEP❶ 冷蔵庫のものを全部取り出す

冷蔵庫にどんなものが入っているのか、賞味期限などを把握しましょう。
STEP❶ 冷蔵庫のものを全部取り出す

STEP❷ グループ別に分ける

最初に、賞味期限切れのものなど古いものは処分しましょう。
冷蔵庫用のトレイを用意し、早めに食べ切らなければいけないもの、乳製品、漬物類、ドレッシング類などに分別。
グループ分けすることで、庫内の在庫をひと目で確認でき、トレイに入れたことで、奥の物も取り出しやすくなります。
さらに、掃除もしやすくなり、スッキリした庫内が保てますよ!
STEP❷ グループ別に分ける

STEP❸ 置き場所を考えて戻す

目につきやすく取り出しやすい場所に、すぐ食べなければいけないもの。次に、よく使う物を置いてください。置き場所が明確になると、家事の時短になり、冷蔵庫を開けている時間が少なくなるので、節電にもつながります。さらに節電効果を高めるために、庫内の冷風口の前には物を置かないようにするのもポイントです。また、物を詰め込みすぎないように注意しましょう!調味料などは保存方法をチェックして、常温保存が可能な物は、常温で保存しましょう。
STEP❸ 置き場所を考えて戻す

野菜室をスッキリさせるには
野菜を“冷凍保存”するのがおすすめ!

出番の少ない野菜が傷んでしまったことってありませんか?
野菜室をスッキリさせ、食品ロスを防ぐ冷凍保存のテクニックをご紹介します。

<パプリカ・かぼちゃ>

1
  1. 1種があるとその部分から腐りやすくなるので、種やわたを取りのぞく。
2
  1. 2用途に応じてカットする。よく使う形にカットしておくと調理する時に便利!
3
  1. 3霜がついて食材同士がくっつかないように水気を拭いてから、冷凍用の保存袋に入れ、空気を抜いて口を閉じる。

<じゃがいも>

じゃがいも
じゃがいもは、ゆでてからマッシュし、潰したものを冷凍用保存袋に入れ、冷凍保存する。

ポイント

  • 矢野流 冷凍保存のポイント
    ・料理をする時に冷凍保存する分もついでにカットする。そうすることで手間が省け、家事の時短に!
    ・しっかり空気を抜き、霜がつかないようにする。
    ・保存袋に日付を書き、約1か月で使い切るようにする。
    ・庫内の奥に新しく保存するものを入れ込み、早く使わないといけないものが手前にくるようにする。

家事の達人

矢野きくの

  • 家事アドバイザー

プロフィール

家事の効率化、家庭の省エネなどを専門にテレビ、雑誌、講演など幅広く活躍。
また、時短家事、100円グッズ、便利グッズ、業務用食品の情報にも精通し、生活用品や便利グッズの企画にも携わる。新聞、ウェブなどでの連載実績も多数。