閉じる
らいふ

毎日のくらしを
ちょっとだけ ハイ クオリティーに

仕事に子育てに疲れちゃって、家事をこなしていくだけで手一杯。でも、朝食は家族と楽しく食べたいし、お風呂場の汚れも、ぽっちゃりお腹もなんとかしたいし…。
そんなあなたの毎日をワンランクアップさせる、くらしの情報サイトNHK 「らいふ」。知って得するくらしのアイデアを1分間にぎゅっとまとめた動画や、専門家が監修した記事を集めました。あなたの毎日を楽しく豊かにしてくれる情報が満載です。

美容・健康

酢が体にいい理由

すしや酢の物でおなじみの酢には、
疲労回復や食欲増進効果、
さらには腸内環境をよくする働きがあります。

公開日:2017年6月30日

酢の起源は古く、最古の発酵調味料ともいわれています。
生食の多い日本では、すし、酢の物、酢漬けなど伝統的な和食の味付けに使われてきました。
このなじみ深い酢には、単なる調味料とはいえないくらいの健康効果が期待できます。
毎日の食卓に意識的に取り入れてみませんか?

なぜ酢は体にいいの?

酸っぱさのもとが疲労回復やスタミナアップに

酸っぱさのもとが疲労回復やスタミナアップに

酢の酸っぱい味のもとは、酢酸やクエン酸をはじめとする多種類の有機酸。クエン酸は、食べ物に含まれるエネルギーを活動のためのエネルギーに変えるときに役立つ成分で、酢とエネルギー源である糖質や、糖質の代謝を促すビタミンB1を一緒に摂取すると、スタミナアップや疲労回復に効果的です。
糖質やビタミンB1を多く含む食品には、玄米や麦、雑穀などがあります。これらを使ったすしは疲労回復にもってこいといえます。
また麦の中では、水溶性食物繊維のβ-グルカンが非常に多い「もち麦」が、血糖値を急上昇させないため、肥満や糖尿病が気になる人にもおすすめです。

ミネラルの吸収をよくしたり、消化吸収を助ける作用も

酢のクエン酸には、カルシウムやマグネシウムなど、体内に吸収されづらいミネラルと結びついて、吸収されやすい形に変える「キレート作用」があります。
また、酢の酸味は気分を爽やかにして食欲を増進させたり、だ液の量を増やして消化吸収を助ける効果もあります。
腸のぜん動運動を高めて、疲れ知らずの体に

腸のぜん動運動を高めて、疲れ知らずの体に

酢には抗菌作用があるため、腸内の悪玉菌を減らす作用があります。さらに、酢に含まれているグルコン酸は善玉菌が大好きなエサ。つまり、酢をとることで善玉菌が増え、元気に活動するようになります。腸の血流がよくなり、ぜん動運動が活発になるのです。
ぜん動運動が活発になると、腸内環境が改善されて便秘が解消されるとともに、活性酸素の発生を抑制してくれ、疲れにくくストレスに強い体になります。

酢の上手なとり方

健康維持のためには、1日大さじ1〜2杯が目安

酢は料理をつくるときや、できあがった料理にかけたりして使いましょう。毎日大さじ1〜2杯が目安です。体にいいからと、やたらたくさんとる必要はありません。

空腹時を避け、食事中や食後に

空腹時に酢をとると胃を痛めるので、食事中や食後にとりましょう。酢をドリンクとして飲む場合は、5〜10倍を目安に薄めます。酢を飲んでそのまま寝ると、歯が溶けてしまう酸食歯(さんしょくし)の原因になるので注意しましょう。

飲むなら黒酢や果実酢がおすすめ

穀物酢や米酢はツンとした香りや酸味が強いので、飲む酢にはあまり向きません。飲みやすいのは黒酢や果実酢です。熟成期間が長いものほどコクがあり、まろやかな傾向があります。

この記事を読んだあなたにこちらもおすすめ