閉じる
らいふ

毎日のくらしを
ちょっとだけ ハイ クオリティーに

仕事に子育てに疲れちゃって、家事をこなしていくだけで手一杯。でも、朝食は家族と楽しく食べたいし、お風呂場の汚れも、ぽっちゃりお腹もなんとかしたいし…。
そんなあなたの毎日をワンランクアップさせる、くらしの情報サイトNHK 「らいふ」。知って得するくらしのアイデアを1分間にぎゅっとまとめた動画や、専門家が監修した記事を集めました。あなたの毎日を楽しく豊かにしてくれる情報が満載です。

美容・健康

ハーブティーで
ココロと体をときほぐそう

味と香りを楽しむことで心身ともにリラックスできるハーブティー。
植物のチカラを借りて、すっきり快眠!

公開日:2017年7月21日

数百種類あるといわれるハーブ。
そのうちカフェインが含まれているハーブは数種類だけ。
ほとんどのハーブはノンカフェインなので飲むタイミングを選びません。
イライラや、気分の落ち込み、神経の高ぶりなど、
心の疲れをリラックス効果のあるハーブティーで癒やしましょう。
ハーブティーの選び方やブレンドの仕方、
快眠のためのハーブティーレシピを教えます。

①ハーブの選び方とブレンドのしかた

自分の好みの味を知るために、まずはシングル(1種類のハーブ)で楽しんでください。その際、効能を考慮するのもポイントです。好みを把握したら、同じ系統のハーブを中心に2~3種類ブレンドしてみましょう。香りが強いもの同士を合わせると相反してしまうので、バランスを取りながら組み合わせてください。飲みにくいと感じたら、最初はなじみのあるお茶とブレンドすると抵抗なく飲めます。

代表的なハーブの香りと味

ジャーマンカモミール

<ジャーマンカモミール>

青りんごのような爽やかな香りで、牛乳との相性もいい。
ローズ

<ローズ>

華やかな甘い香りで、クセのないあっさりとした味わい。
ラベンダー

<ラベンダー>

癒やし効果のある甘い花の香り。かすかな苦みが特徴。

②おいしい淹れ方

ハーブの成分がしっかり抽出されるように、沸騰したお湯を使いましょう。ポットに入れたら、香りを逃さないように素早くふたをし、各ハーブの抽出時間に沿って蒸らしましょう。あらかじめ温めておいたカップにストレーナーでこしながら注ぎます。その際、ポットのふたの裏についた水滴にエキスがたっぷり含まれているので、しっかり落としてから淹れること。ガラス製の食器を使うと色も楽しめ、気分も高まります。
おいしい淹れ方

【用意するもの】

ティーポット
ティーカップ
計量スプーン(茶さじ)
計量スプーン(茶さじ)
ストレーナー(茶こし)
好みのドライハーブ
  1. 1ティーポットにドライハーブを入れる。カップ1杯(熱湯150~200ml)に対し、小さじ1~2が目安。
  1. 2しっかり沸かしたお湯をティーポットに杯数分注ぐ。
  1. 3ティーポットのふたをして、ハーブに合わせた抽出時間(3~10分間ほど)蒸らし、成分を抽出する。
  1. 4ストレーナーでハーブをこしながら注ぐ。ふたの裏についた水滴をポットにしっかり落として注ぐこと。

③おすすめ!快眠ハーブティーレシピ4選

華やかな香りに癒やされる リラックスブレンドティー

リラックスブレンドティー

【材料(1杯分)】

リンデン 小さじ1
ローズ 小さじ1
ローズヒップ 小さじ1
熱湯 150~200ml

【つくり方】

ティーポットにハーブ3種を入れて熱湯を注ぐ。ふたをして3~5分間蒸らし、ストレーナーでこしながらカップに注ぐ。

メモ

鎮静効果のあるリンデンとローズに、栄養豊富なローズヒップを加えることでパワーを充電。



軽やかな香りですっきり! 爽やかブレンドティー

爽やかブレンドティー

【材料(1杯分)】

レモンバーム 小さじ1
パッションフラワー 小さじ1
ペパーミント 小さじ1
熱湯 150~200ml

【つくり方】

ティーポットにハーブ3種を入れて熱湯を注ぐ。ふたをして3~5分間蒸らし、ストレーナーでこしながらカップに注ぐ。

メモ

暑くて寝苦しい夜は、すっきりとした味わいのハーブを組み合わせてリフレッシュ。



緊張や不安をほぐす カモミールミルクティー

カモミールミルクティー

【材料(1杯分)】

牛乳 200ml
ジャーマンカモミール 小さじ2
はちみつ、シナモンスティック 各適量

【つくり方】

小鍋に牛乳とお茶パックに入れたカモミールを入れて弱火にかける。5分間ほど煮出してカップに注ぎ、好みではちみつ、シナモンスティックを添える。

メモ

リラックスハーブの代表格・カモミールに牛乳をプラスして癒やし効果をアップ。



情緒を安定させ心を整える ラベンダーブレンドティー

ラベンダーブレンドティー

【材料(1杯分)】

ラベンダー 小さじ1
緑茶 小さじ1
熱湯 150~200ml
スライスレモン 1枚(アイスの場合)

【つくり方】

ポットにハーブと緑茶を入れて熱湯を注ぐ。ふたをして3~5分間蒸らし、ストレーナーでこしながらカップに注ぐ。アイスの場合は氷をいっぱい入れたグラスに注ぎ、スライスレモンを添える。

メモ

癒やし効果の高いブレンド。ただ、緑茶のカフェインを考慮して、就寝直前に飲むのは避けて。

教えてくれた人

栗山 貴美子

  • 英国IFA/IFPA認定 アロマセラピスト

プロフィール

CIBTAC認定エステティシャン、英国リフレクソロジー協会・正会員リフレクソロジストなど。「Salon Bluelace」を主宰しながら講師・講演活動にも力を入れている。著書に「ニールズヤード式アロマセラピー・セルフマッサージ」などがある。