美容・ケア
ライフスタイル

飲み過ぎた翌日に
二日酔いをつぼで撃退!

楽しいお酒だったはずが… 頭はズキズキ胸はムカムカ
二日酔いのいやな症状をつぼ押しで解消しよう!

公開日:2017年3月31日

倦怠感、頭痛、吐き気、むくみなど、二日酔いの不快な症状はさまざま。
そんな嫌な症状を薬に頼る前につぼで解消しませんか。症状別で効果的なつぼをご紹介。
つぼの場所は?押す強さは?ピンポイントで押さないと効果はないの?
など、つぼ押しの疑問にもお答えします。つぼはそんなに難しくはありません。
ぜひセルフケアしてみましょう。

あなたの二日酔いの症状は?

つぼの押さえ方のポイント

つぼの刺激は3本の指で

人差し指、中指、薬指の3本そろえてつぼを押します。刺激する面が増え、3本のうちどれかはつぼを押さえられます。

当てにくい場所は指1本でもOK

指3本が当てにくい場所は指1本でかまいません。少しずつずらしながら押して、心地よく感じる場所を探します。ここだと思ったら軽く押しながら回します。

つぼ刺激のコツ

つぼに中指が当たるように3本の指をそろえて当て、軽く押しながら回して刺激します。皮膚の上をすべらせるのではなく、皮膚ごと回してください。痛みのあるところは、じーっと押さえるだけでも効果的です。

経路とつぼ

東洋医学には経路という考え方があります。経路は、気(生命エネルギー)、血(血液)、水(体液)の通り道とされていて、血管やリンパ管のようなイメージ。つぼに刺激を与えると、経路を通じてカラダのさまざまな場所に作用し、不調や痛みなどを改善したり和らげることができるのです。
  • 監修:柳本真弓(はり・きゅう・あん摩マッサージ指圧師)