美容・ケア

スペシャル頭皮ケア

美容室みたいな頭皮ケアが自宅でできたらいいのに。
という人におすすめのお風呂でのヘッドスパ。

公開日:2017年3月31日

ヘッドスパとは、毛穴の汚れを落として頭皮の血行を促進し、健やかな頭皮環境に整えることです。
美容室ではスチーマーを使いますが、自宅ではお風呂の湯気と温め効果を利用するのがおすすめです。

湯船につかって全身を温める

1 湯船につかって全身を温める

シャンプーと同様に髪をブラッシングしたら、湯船につかって全身を温めましょう。湯船で温めることで毛穴が開き、頭皮の血行が良くなります。
1度目のシャンプーで汚れを落とす

2 1度目のシャンプーで汚れを落とす

シャンプーは2回行います。1度目のシャンプーは、汚れを落とすことが目的。頭皮と髪をよく洗い、きちんとすすぎましょう。
2度目のシャンプーで頭皮をしっかりほぐす

3 2度目のシャンプーで頭皮をしっかりほぐす

もう一度、シャンプーを泡立ててから髪にのせ、2度目のシャンプーをします。今度は指の腹を頭皮にしっかりと密着させ、頭皮をつまむようにして動かしながら洗っていきます。

メモ

頭皮をほぐすケアは、泡の付いた状態で行うのがおすすめ。泡につつまれているから、髪への摩擦が少なくなります。

後頭部を押す

4 後頭部を押す

全体が気持ちよくほぐれたら、首の後ろを親指で押します。デスクワークなどでこりを感じる人は、ここをじっくり押すことで首から上の血流がよくなります。
耳の周りを押す

5 耳の周りを押す

次に耳の周りを押します。親指の腹を当てたら、押しながら頭皮を引きあげるようにすると、顔のリフトアップにもつながります。
頭頂部に向かってジグザグに動かす

6 頭頂部に向かってジグザグに動かす

最後に、生え際から頭頂部に向かって、指の腹でジグザグを描くようにして頭皮を洗います。シャワーのお湯で丁寧に洗い流し、水けを切りましょう。

メモ

最後の洗い流しで通常の炭酸水を使う方法もあります。炭酸の泡により、毛穴の浄化、頭皮の血行促進が期待できます。

  • 監修:野沢道生(美容師)