美容・健康

正しい姿勢で歩こう!
ウォーキングのすすめ

ウォーキングに大切な姿勢と歩き方の基本をご紹介
代謝をあげて、痩せやすい体を手に入れよう!

公開日:2017年3月1日

手軽にできるエクササイズとして人気のウォーキング。
ただ歩くだけでなく、正しい姿勢を意識して歩くことで、
より運動量を上げ、痩せやすいカラダを作ることができます。
まずは1日10分、通勤時間などを使って、歩き方を変えてみませんか?

まずは、からだのゆがみをセルフチェック

ウォーキングを始める前に、自分のカラダのゆがみを徹底的に知ることが大事です。生活習慣や立ち居振る舞いのクセから、あなたのカラダのゆがみ度を判定します。

【からだのゆがみをセルフチェック】

チェック数

診断結果を見る

ウォーキングの正しい姿勢

ウォーキングの動きの基本は「立つ姿勢」にあります。カラダの中心軸「体幹」を意識して美しく立つことで、全身の筋肉に程よい緊張感が生まれます。この姿勢をマスターすることが、効果的なウォーキングのポイントです。
左右の肩の高さをそろえる。耳から肩・腕・腰・足が一直線になる。

基本の歩き方

00:38

再生時間
00:38
公開日
2017年3月2日

美容・健康

正しい姿勢をキープしつつ、足の運び方、腕の振り方、着地のタイミングなど、カラダの使い方を意識しながら歩きましょう。意識しながら歩くことで、歩幅や腕の振りが大きくなり、使われるカラダの範囲が広くなります。

ポイント

  • 着地は必ずかかとから
  • ひざの後ろをまっすぐのばす
  • 腕を上腕から大きく後ろに引く
  • 監修:髙岡よしみ(ウォーキング・スタイリスト/一般社団法人 日本姿勢と歩き方協会理事長)