ららら♪クエスチョン

あなたが気になるクラシック界の疑問 あの人が答えます!あなたが気になる
クラシックの疑問
あの人が答えます!

<3月26日(土)放送>

ティンパニ奏者が本番中打面に耳をあてているのを見ました。何をしているの?(長野県 カノンさん から)

塩田 拓郎(東京フィルハーモニー交響楽団 首席打楽器奏者)

塩田 拓郎さん

塩田 拓郎さん(東京フィルハーモニー交響楽団 首席打楽器奏者)


打楽器の一つであるティンパニは音程を持った楽器なのです。
音程はティンパニの表面にある皮の張り具合で変わります。
あらかじめ音程を調整していても、温度や湿度によって皮が伸び縮みすることで音程が変わってしまいます。
本番中は大きな音を出すわけにはいかないので、耳を近づけて軽く叩いて音の高さを確認して、
音程が違っていた場合は調整をします。

あなたのクラシックにまつわる疑問に様々な一流のプロがお答えします!質問をお待ちしています!

お便り募集ページから応募する


クラシックはNHKで他にもいろいろな番組でお楽しみいただけます