スタッフ紹介

作 永田優子

2000年、『ほたるのゆき』で第13回フジテレビヤングシナリオ大賞を受賞。
以降、民放を中心にドラマの脚本を執筆。
映画『書道ガールズ!!わたしたちの甲子園(2010年)』は愛媛県の高校生をモデルに、地域の魅力を描いた作品。

演出 新野高史(NHK京都放送局)

<演出にあたって>
宇治が舞台の京都発地域ドラマ―。まず思い浮かんだのは「源氏物語」宇治十帖でした。
千年以上の歴史があり、世界的にも有名な日本文学の舞台となった街というのは、全国探してもほとんどないのではないでしょうか。そんなことを思いつつ、今回は「宇治十帖」をモチーフに“千年前から続く恋の街・宇治”を感じていただけるような作品を目指して制作を進めてきました。さらに「宇治茶」や「鵜飼い」など、宇治の魅力を盛りだくさんでお届けします。京都局が送る「現代版・宇治十帖」。ご期待のほどよろしくお願いいたします。

制作統括 加藤善正(NHK京都放送局)

<制作にあたって>
平安時代には既に行われていたという鵜飼い。数百年の歴史を誇る宇治茶。
そして「源氏物語」宇治十帖の世界-。
宇治市は、華麗で幻想的な、独特の雰囲気をもつ町だと感じています。今回のドラマでは、そうした宇治の魅力をできるだけ詰めこみたいと考えました。これまで宇治市を知らなかった方にはもちろんですが、地元の方々も、あらためて魅力を実感してもらえるようなドラマを目指します。