旬で彩る京の味
料理の種類から探す料理人から探す京の味TOP
さつまいものニョッキ
収録こぼれ話
材料 (作りやすい分量)

[ ニョッキ生地 ]

  • さつまいも…500g
  • 強力粉…40g
  • 塩…4g
  • オリーブ油…適量

[ ソース ]

  • ゴルゴンゾーラチーズ…80g
  • 生クリーム…120ml

[ 盛りつけ用 ]

  • 栗(くり)…8粒
  • くるみ…10g
  • 松の実…10g
  • 黒こしょう…少々
作り方







    [ 事前準備 ]

    ■ 栗…2%の塩水で、水から約15分ゆでて、包丁で半分に切りスプーンで身を取り出しておく。
    ■ くるみ、松の実…180℃のオーブンでローストする。

    [ さつまいものニョッキ 〜栗とゴルゴンゾーラのソース〜 ]

  1. さつまいもの表面にオリーブ油を全体にうすくぬる。
    ※オリーブ油をぬることによって火の通りが良くなります。【 写真1 】
  2. 140℃のオーブンで約30分、竹串がすっと通るまで火を通す。(新さつまいもの場合)【 写真2 】
    ※大きいさつまいもを使う場合、火を通す目安は約50分です。
    ※オーブンでじっくり時間をかけて加熱することによって、さつまいもの甘味が引き出されます。【 写真3 】
  3. さつまいもが熱いうちに皮をむいて裏ごしする。
    ※裏ごしする時は、上から押し潰すようにすると口当たりが良くなります。【 写真4 】
  4. 裏ごししたさつまいもに塩を加えて混ぜた後、強力粉を入れてひとかたまりにしたら、まな板の上で生地をこねて一口大の形にする。
    ※生地のかたさは、耳たぶの柔らかさが目安。
    くすいチェック!

    ※強力粉はレシピ通りの分量を入れてください。
    仕上がりがかたすぎたり、柔らかすぎたりせずスイートポテトのようなふわっとした食感に仕上がります。

  5. フライパンに5mm角に切ったゴルゴンゾーラチーズと生クリームを入れて火にかける。
  6. 生クリームのまわりが沸いてきたら、弱火にしてゴルゴンゾーラチーズを潰しながら溶かしてなめらかにする。
    ※生クリームが沸いてきたら弱火にするか、または火を止めて作業をしてください。【 写真6 】
  7. 一口大の形にしたニョッキを約1%の塩水でゆでる。
    ※ニョッキが浮いたら、ゆであがった合図です。【 写真7 】
  8. 水気をとったニョッキを、ソースの中に入れ、ソースを沸かさないようにしながら絡める。【 写真8 】
  9. ソースとあえたニョッキを盛りつけ、ローストしたくるみ、松の実、ゆでた栗を散らして仕上げに黒こしょうをかけて完成。
  10. [ 筒井さんからのワンポイントアドバイス! ]

    ワンポイントアドバイス

    ・秋の味覚をふんだんに使った今回のニョッキ。
    最後に散らした『栗』がまだ手に入らないという方にはスーパーなどで市販されている『焼き栗』や『むき栗』といった栗の風味があるものを代用してください。

    ・今回ご紹介したゴルゴンゾーラのソース以外にもミートソースと合わせても美味しくいただけます。また鶏肉や豚肉の付け合せに焼いたニョッキを添えても美味しくいただけます。

    【保存について】
    ニョッキは長期冷凍保存をしても状態が変わりにくいパスタの1つ。1度に多く作っておけば急な来客や、時間がない時でも、ゆでるだけですぐに出来る便利なメニューです。

[ 料理指導 ]

イタリア料理レストラン 料理長
筒井 光彦 さん