2019年01月15日 (火)

ぶりしゃぶ

1月15日(火)放送

【ぶり】を使ったレシピを紹介します。

ぶりしゃぶ

2019_01_15_02.jpg

 

 

材料】(4人分)

 ・ぶり(短冊が望ましい)・・・300グラム

・白菜・・・・・・・・・・・適量

・豆腐・・・・・・・・・・・適量

・白ネギ・・・・・・・・・・適量

・しいたけ・・・・・・・・・適量

・えのき・・・・・・・・・・適量

・菊菜・・・・・・・・・・・適量

 

【薬味】

・大根おろし 

・青ネギ

・だし昆布・・・適量

・酒・・・・・・適量

・塩・・・・・・適量

・ポン酢(一度煮立たせてから、追い鰹でまろやかに仕上げる)

 

【作り方】

①   ぶりを2~3ミリの薄さに切る

②   だし昆布を水から煮出す

③   鍋から昆布を取り出した後、酒、塩を少々入れ、大根おろしをたっぷり入れる

④   野菜を先に少々入れて、旨味を出す

⑤   薄く切ったぶりを2秒ほど、しゃぶしゃぶして、

    薬味を入れたポン酢につけて召し上がれ

 

【教えてくれた方】

別所洋一さん(天橋立温泉 鳥喜)

別所公子さん

 

【担当リポーター】

 岩槻 里子

2019_01_15_01.jpg

 


2018年12月18日 (火)

師走の京野菜 聖護院大根

12月18日(火)放送

 

【聖護院大根】を使ったレシピを紹介します。

聖護院大根の具だくさん煮物

kyocal_1218_01.jpg

【材料】(4人分)

 

・聖護院大根・・・・・・半分

・鶏もも肉・・・・・・・1枚(約300g)

・金時にんじん・・・・・1/2本

・大豆(市販の水煮)・・・ 1袋

・昆布・・・・・・・・・・・にんじん・大豆と同程度の量

・ほうれん草・・・・・・適量(彩り用)

・しょうゆ・・・・・・・ ・適量

・砂糖・・・・・・・・・・・適量

・みりん・・・・・・・・・適量

 

【作り方】

①     丸い聖護院大根を1/4に切り、皮をむく

  ☆ポイント…厚めにむいて、かたい筋の部分を取り除く

②     食べやすい大きさに切り、水に浸して15分ほど下ゆでする

③  下ゆでしている間に、鶏もも肉を、皮の面を下にしてこんがり焼き、

   聖護院大根より大きめに切っておく

        ☆ポイント…皮に焦げ目をつけておくことで、

        煮込んだときに聖護院大根に味がしみ込み、コクがアップ

③     金時にんじん・昆布を大豆と同じくらいの大きさに切っておく

⑤     下ゆでした聖護院大根は、一度水にくぐらせてアクを抜く

⑥     再び聖護院大根を水に浸し、しょうゆ・砂糖・みりんで味付けする

⑦     鶏もも肉・金時にんじん・大豆・昆布を入れ、20分ほど煮込む

⑧  ゆでたほうれん草で彩りを添えて、完成

 

【教えてくれた方】

大谷忠司さん (京野菜農家)

大谷さんの妻  綾子さん

【リポーター】

荒山沙織

kyocal_1218_02.jpg kyocal_1218_03.jpg


2018年10月09日 (火)

豊作に感謝 ずいき祭とずいき料理 ~京都市上京区・北野天満宮~

 

10月9日(火)放送

【ずいきと、その芋の部分・頭芋(かしらいも)を使ったレシピ】を紹介します。

 

2018_10_09_01.JPG

10月1日から5日まで、北野天満宮で、

秋の豊作に感謝する「ずいき祭」が行われました。

祭りの期間、お旅所に登場するのが、「ずいきみこし」。

里芋の茎・ずいきで屋根を葺き、赤なすや五色とうがらしなど

さまざまな野菜や穀物で飾りつけた伝統のみこしです。

2018_10_09_02.JPG

みこしに飾り付ける野菜を作っている保存会の農家さんに、

ずいきと、その芋の部分・頭芋(かしらいも)を使った料理を

教えていただきました。

 

 ずいきの酢みそあえ

2018_10_09_03.JPG

【材料】  

ずいき・酢・ごま・白みそ  それぞれ適量

 

① ずいきのアクを抜く

  →鍋に水を張り、ずいきと酢を入れて火にかける  

  ☆ポイント…水に酢をたすことで強いアクが抜けやすくなる

② 沸騰して5分ほどしたら、ざるにあげ、すぐに水で冷やす

③ いりごまをすりおろし、白みそと酢を加える

④ アク抜きしたずいきを、食べやすい大きさに切り、3の酢みそとあえる

 

頭芋のこんがり焼き

2018_10_09_04.JPG

① 頭芋の皮をむく 

② 食べやすい大きさに切り、20分ほど蒸す(竹串が通るくらいまで)

③ 蒸した頭芋を、塊がなくなるまでつぶす

④ 塩・こしょうで味を整える

⑤ 手をぬらして、食べやすい大きさに丸める

⑥ フライパンに油を引き、中火で両面こんがり焼き色がつくまで焼く

 

【教えてくれた方】

佐伯昌和さん (西之京瑞饋神輿保存会 会長)

佐伯さんの妻 孝子さん

【リポーター】

荒山沙織

2018_10_09_05.JPG2018_10_09_06.JPG


2018年09月11日 (火)

秋の味覚 丹波くり ~京丹波町・和知地区~

9月11日(火)放送

【秋の味覚 丹波くりを使ったレシピ】を紹介します。

焼き栗

09_11_01.JPG

ポイント① 栗のおしりに切れ目を入れると、きれいにはじける

ポイント② 皮が真っ黒に焦げても気にせず、中までじっくり火を通す

栗チップス

09_11_02.JPG

【材料】  

・栗   適量
・塩   適量
・揚げ油

【作り方】

① 栗の鬼皮、渋皮をむく
② 皮をむいた栗をスライスする
③ 約170度の油で、少し色がつくまでさっと揚げる
④ 仕上げに塩をふる

 

【教えてくれた方】

山内善継さん(丹波くり農家・京都府知事認定栗栽培技術の匠)

地元の婦人グループの皆さん

【リポーター】

荒山沙織

09_11_03.JPG 09_11_04.JPG


2018年07月10日 (火)

鱧の酢の物

7月10日(火)放送

【鱧の酢の物】を紹介します。

鱧の酢の物

hamonosunomono1.jpg

 【材料】(2人分)

・米酢 大さじ4 

・砂糖 大さじ1杯半

・だししょうゆ 小さじ1

・キュウリ 1本

・しょうが 一かけの1/2

・ゴマ 適量

・ミョウガ 1/2

・鱧皮 50グラム

 

【作り方】

①   鱧皮を米酢につけておく。(鱧のうまみやだしを酢に移すため)

②   キュウリを縦に切り、薄く半月切りをする

③   ミョウガとショウガを千切りする。

④   材料を混ぜ合わせる

 

【教えてくれた方】

山本 浩市さん

【担当リポーター】

北浦 静香                                      

 

hamokyoukaru.jpg


2018年05月15日 (火)

茶農家のお昼ごはん~茶殻のつくだ煮~

5月15日(火)放送

茶殻のつくだ煮

tukudani.jpg

【材料】

茶殻 100g

醤油 100ml

みりん 50ml

お酒 50ml

砂糖 80g

 

【つくり方】

①まず、鍋に茶殻を入れ、砂糖以外の調味料と合わせ、煮詰めていきます。

 焦がさないように、常にお箸を動かしむらなく水分を飛ばしてゆきます。

   

②水分がなくなったところで砂糖を投入。

 砂糖を入れたらチャッチャッと仕上げ!

 かき混ぜていくうちに、つやと照りがでてきて・・・できあがり!

 

【教えてくれた方】

茶農家 辻本寿子さん

【担当リポーター】

北浦静香キャスター

 P1150052.jpg

 


新着記事

カレンダー

<<
2019年01月
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
  • アナウンサー・キャスター紹介
  • NHK京都トップヘ
1

ページトップへ