2019年03月08日 (金)

深く深く聴きたい【丹沢研二】

ひそかに「話してみたいなあ」と思っていた方に

会えました。

umebayashisannto.JPG

『ブラタモリ』の京都の案内人でおなじみ、

京都高低差崖会崖長

(きょうとこういていさがっかいがけちょう)

梅林秀行さんです。

番組最多の7回(京都で6回、奈良で1回)

の出演をされ、

ブラタモリをほぼ毎週観ている私から見ても、

ガイド力が群を抜いていました。

【続きを読む】


2019年03月01日 (金)

3月は音楽三昧 ♪【小林千恵】

みなさんこんにちは!

すっかり春めいてきましたね。

花粉症のわたしには辛い時期でもありますが、

この季節ならではの、

ソワソワ&ウキウキする感じは好きです。

 

さて、きょうから3月です。

3月はFM放送の音楽番組がオススメです

その番組とは、

『京都ミュージックライブセレクション』

放送は22日(金)ですが、

先日、ひと足早く収録を行いました!!

 shuroku.jpeg

【続きを読む】


2019年02月22日 (金)

早春の味【北浦静香】

 毎年底冷えする京都も今年は、例年に比べると

まだ過ごしやすいですね。

だんだん春の足音も聞こえてきました。

DSCF8138.JPG

先日、京都カルチャーの取材で、

精華町のいちご観光農園

行ってきました。

 

 

【続きを読む】


2019年02月15日 (金)

わたしの地元を紹介します【山内美和】

こんにちは。

寒い日が続いていますね~。

この冬は雪も少なく暖冬かと思っていましたが、

やっぱり冷える!

みなさん、風邪やインフルエンザには

十分にお気をつけくださいね。

 

さて先日、

地元の長崎県佐世保市に帰省してきました。

京都からは新幹線+特急で5時間ほどかかるので

訪れたことのない方が多いかと思います。

このリレーエッセイの機会を借りて、

地元を紹介させてください!

【続きを読む】


2019年02月08日 (金)

いま熱い!ハンナリーズ 【入江憲一】

バスケットボール Bリーグの

京都ハンナリーズが、今季初の5連勝(2月8日現在)。

しかも、強敵を破って勝利を重ね、

いま乗りに乗っています。

IMG_2264.jpg
<水色のユニフォームが京都、白が川崎>

【続きを読む】


2019年02月01日 (金)

絶品!ぶりしゃぶ!!【岩槻里子】

寒い日が続きますね。皆さんお元気ですか?

我が家の下の子もついに、

インフルエンザにかかってしまいました!

予防接種も受けたのに(涙)。

今年も猛威を振るっているようですね。

今はひたすら、

家族にうつらないよう努めるばかりです。

 

【続きを読む】


2019年01月25日 (金)

再会。【酒井良彦】

こんにちは。アナウンサーの酒井良彦です。

今回は、懐かしい方との再会について書きます。

年末年始にかけて、

駅伝の仕事を担当しました。

12月23日は全国高校駅伝。

1月13日は全国都道府県対抗女子駅伝がありました。

いずれも、全国から20人前後のアナウンサーが

レースの3~4日前に京都に集まり、

取材などを続けて当日を迎えます。

その中で、私が担当した業務の1つに、

「コースガイド」というものがありました。

アナウンサー全員でバスに乗り、

コースを回りながら、

「ここが@区の@キロ地点です!」とか、

「去年はこのあたりで@@が前に出ました!」

といった具合に各地点をご案内する、という役目です。

 

12月はじめ、

その下調べのためコースを歩いているときに、

懐かしい“あの方”との再会があったのです!

【続きを読む】


2018年12月28日 (金)

レトロで楽しいドライブイン【小谷麻菜美】

こんにちは。リポーターの小谷麻菜美です。

 

先日、舞鶴にあるドライブインから中継をしました。

このお店の特徴が、

そのレトロな雰囲気

 kotani_doraibuinnaikan.jpg

 

ここは47年前にできたドライブイン。

当時からある自動販売機やゲーム機がたくさん残っています。

ここを目指して北海道や東北からも人が訪れる、

人気のスポットです。

 

そして、このお店の一番の売りが・・・

【続きを読む】


2018年12月21日 (金)

舞鶴・舞鶴・舞鶴【丹沢研二】

気がつけば、

ここ1ヶ月ほどで3回舞鶴で仕事をしました。

京都縦貫自動車道を行ったり来たりしています。 

 

最初はこちら。

hikiageroudoku1.jpg

先月17日、舞鶴引揚記念館で開いた

「朗読とお話でつづる引き揚げの歴史」です。

私にとっては念願の、舞鶴での朗読でした。

【続きを読む】


ページトップへ