2018年01月12日 (金)

今年もよろしくお願いします! 【荒山沙織】

2018年がスタートしました!

去年、「京いちにち 年末ハイライト」で気象予報士の南さんがおっしゃっていたように、

いいことが“ワンさか”起きる、“ワンだふる”な1年になりますように

みなさん、今年もどうぞよろしくお願いいたします!

1.nenmatsu.JPG

 

その「年末ハイライト」ですが、

いつもより時間を拡大して、50分間でお送りしました。

2017年のニュース・スポーツの振り返りや、京都タワーからの中継。

「京のええとこ連れてって」や「ガクメシ」の総集編に、

エンディングでは、子どもたちのお便りが大集合♪

2.nenmatsu.JPG

ギリギリまでリハーサルをして、バタバタと本番へ突入しましたが、

終わったあとは、文化祭をやり遂げたような、達成感!

みんなで力を合わせて1つの番組を作り上げる楽しさ・喜びを実感し、

改めて、「京都に来てよかったなぁ」と感じた2017年の締めくくりでした。

3.nenmatsu.JPG

 

そして、2018年!

仕事始めは、へ行ってきました!

 

まずは山!

「京のええとこ連れてって」のロケで、

大山崎町にある天王山をハイキング♪

頂上を目指しながら、今年も早速“ええ人”との出会いに恵まれた旅となりました。

4.eetoko.JPG 5.eetoko.JPG

放送は、今夜!1月12日(金)午後6時30分~です。

後日、「ええとこブログ」も更新しますので、ぜひご覧ください。

 

つづいては、海!

「京の農家めし漁師めし」のロケで、真冬の日本海、伊根町・蒲入地域へ。

丹後半島の先端、近畿の最北端という経ヶ岬がすぐそこに!

6.ryoushi.JPG

今回の食材は、冬の厳しい自然環境の中でとれる、貴重な岩のりです。

どんな風に岩のりが仕上がるのか、私も体験させてもらいました。

7.ryoushi.JPG 8.ryoushi.JPG

そして、岩のり漁に40年以上携わっている

永井將義さん澄江さんご夫妻に、

蒲入地域のお正月に欠かせないという“漁師めし”をごちそうになりました。

9.ryoushi.JPG

こちらの放送は、1月16日(火)午後6時30分~です。

のりの概念が…変わります!!

 

最後に、“食”といえば、去年のこの時期から心がけていることがあります。

10.bousai.JPG

乾物や缶詰など、災害が起きたときの非常食として備えている食糧ですが、

ただ保存しておくだけでは、

うっかりして賞味期限が切れてしまうことも。

そこで、普段の料理にも取り入れながら、使った分をまた買い足し、

いざというときに備える「ローリングストック」という方法です。

去年、神戸放送局に勤めていたとき、“防災”の取り組みとして取材しました。

 

でも、実際どんな風に普段の料理に活用すればいいのか…

ローリングストックに役立つレシピを考案した

神戸学院大学の学生たちから教わった料理を実践しています。

最近作ったのがこちら!

11.bousai.JPG

◆左:さば・ひじき・ほうれん草のマヨネーズ和え

◆右:さば&ひじきのペペロンチーノ

 

主に使ったのは、乾燥ひじきと鯖の缶詰です。

料理が苦手な私でも、びっくりするぐらい、調理も味付けも簡単!

災害への備えになるだけでなく、

働く女性の味方にもなると、作るたびに実感します。

 

さらに学生たちから教わったのは、

「もしも(非日常)」「いつも(日常)」意識することの大切さ。

私もまだまだ実践しきれていませんが、できることから少しずつ。

1月17日、阪神・淡路大震災から23年を前に、

神戸での経験をもとに、自分にあった備えを続けていけたらと思いました。

 

 

おまけ

前回担当したリレーエッセイで、

10月・舞鶴で行われたハーフマラソンが完走できなかったことを報告しましたが…

11月・福知山で行われたフルマラソン、無事に完走しましたー!

12.marathon.JPG

私にとって10回目のフルマラソンでしたが、舞鶴での悔しさのおかげで

過去2番目のタイム、4時間55分で走り切ることができました。

13.marathon.JPG

実は、途中、雨風強まる悪天候だったのですが、

そのあと、が現れて、力強く背中を押してもらいました。

しかも、よーく見ると二重なんです!

さらに、沿道のみなさんとハイタッチしてパワーチャージ!

福地山のみなさん、この場を借りて…本当にありがとうございました♪

14.marathon.jpg 15.marathon.jpg

残念ながら、2月の京都マラソンは抽選で外れてしまいましたが、

今年も京都府内の大会に挑戦してみたいと思います


1

ページトップへ