2018年06月20日 (水)

「た・か・お」で自然を満喫 【右京区・高雄】

荒山沙織 6月15日(金)放送 

1.takao.JPG

今回のええとこは、京都市右京区の高雄!

ディレクターの牧さんと探してきたのは、

「た・か・お」それぞれの頭文字にちなんだ、この時期の“ええとこ”です!

みなさん、分かりますか~?

 

まず訪ねたのは、平安時代に弘法大師が創建した平岡八幡宮

ここで早速発見!高雄の「た」「たまご」です。

2.takao.JPG

水辺にせり出した木や草の上に卵を産む、モリアオガエル

この白い塊の中に、400ほどの卵が入っているそうです。

「毎年地元の小学生も観察に来て、成長を見守っているんですよ♪」と

笑顔で教えてくださったのは、平岡八幡宮の宮司・佐々木俊輔さん

3.takao.JPG 4.takao.JPG

かつて高雄が梅の産地だったことにちなんで、

自ら梅を漬け、結び昆布を一緒に入れたお茶を、

訪れた方に振る舞っていらっしゃいます。

あったかい気持ちのこもったお茶に、ほっこり癒やされました♪

5.takao.JPG 6.takao.JPG

 

つづいて向かったのは、紅葉の名所・神護寺です。

この時期の境内は、優しい色合いの青もみじや苔に彩られています。

7.takao.JPG

そんな神護寺自慢の絶景「錦雲渓(きんうんけい)」に、

高雄の「か」がありました!「かわらけ」です!

素焼きの皿・かわらけを絶景に向かって投げることで、厄を払います。

8.takao.JPG 9.takao.JPG

ここで、この道60年“神業”を見せてくださったのが、

神護寺の貫主・谷内弘照さん

まずは、撮影するカメラの位置をリクエスト!こだわりがあります。

そして、手首のスナップをきかせて勢いよく投げると…

11.takao.jpg 12.takao.jpg

なんと!かわらけが、風に乗って本当に飛んでいくように見える!

とっても不思議な光景に大興奮!

おかげで、私の厄も吹き飛ばしていただいたようなスッキリした気持ちになりました♪

13.takao.JPG

 

実は神護寺では、もうひとつ、高雄の「か」に出会っていました。

「かまきり」です!

14.takao.JPG

いつのまにか、ディレクターの牧さんの髪についていた、このかまきり。

何だかとっても人懐っこくて、可愛い!

思いがけない出会いにはしゃいじゃいました♪

15.takao.JPG 16.takao.JPG

 

最後は、高雄の「お」

名物の川床で素敵な「おもてなし」を受けました。

吊り橋を渡った先には、青もみじと川のせせらぎが楽しめる風情のある座敷。

17.takao.JPG 18.takao.JPG

ここで楽しんだのは、2つの“舞”。

川床に花を添える舞妓さん、そして、川の上を飛び交うホタルです。

美しいものに囲まれてゆったりと過ごす、とっても贅沢な時間でした♪

ホタルの写真はなかなかうまく撮れませんでしたが、

7月上旬頃まで楽しめるそうです。

19.takao.JPG 20.takao.JPG

 

ということで、「まご・わらけ・もてなし」。

どれも自然の魅力に引き込まれた“ええとこ”でした。

ぜひ皆さんも、梅雨の時期の高雄、楽しんでみてくださいね。

21.takao.JPG

 

 

おまけ

先日、お隣・福井県のええとこ!三方五湖にお出かけ♪

梅雨の晴れ間で、いいお天気。気持ちのいい景色が出迎えてくれました。

22.takao.JPG

そして、ここにもありました!かわらけ投げ!

願いを込めて、三方五湖の絶景に向かって、「えいやー!!!」

 23.takao.JPG 24.takao.jpg

“ええこと”が訪れますように…


1

ページトップへ